ピクシブ百科事典

束柱類

そくちゅうるい

束柱類とは、絶滅した哺乳類の分類の一種である。 「束柱目」、「デスモスチルス類」とも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

束柱類(デスモスチルス類)は、日本サハリンカムチャッカオレゴンカリフォルニアを含む北太平洋沿岸域の漸新世中新世の浅海性の地層のみから化石が知られている絶滅哺乳類である。その骨格は、束柱類の動物が沿岸に暮らす水陸両棲の草食動物であったことを示唆している彼らの名前は、その極めて特徴的な臼歯(文字通り、円柱を束ねたような構造をしている)に由来する。海棲に適応した哺乳類のグループとして束柱類、海牛類鯨類鰭脚類の四つが挙げられるが、このうち束柱類の生存が確認されるのは比較的短い期間であり、棲息域や種の数においてもあまり大きなグループではなかった。その絶滅原因は地球の寒冷化が進んだためではないかとされるも、はっきりしたことは解っていない。

主な種類


関連タグ

絶滅した哺乳類の分類の一覧 海獣 デスモスチルス 
パレオパラドキシア

pixivに投稿された作品 pixivで「束柱類」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45

コメント