ピクシブ百科事典

ディーヴァ(サガフロ)の編集履歴

2021-04-25 02:50:55 バージョン

ディーヴァ(サガフロ)

でぃーゔぁ

ゲーム『サガフロンティア』に登場するボスキャラクターの一体。

概要

エミリア編の最終ボス。

エミリアにとって、自身の人生を狂わせた宿敵・ジョーカーを捕らえるため、ジョーカーが狙っている「キューブ」のありかとされるリージョン「ヨークランド」の忘られし聖堂の情報が手に入ったのは悲願であった。
そして、ジョーカーに奪われた恋人レンと挙げられなかった結婚式を、いつも持ち歩いているウェディングドレスをこの聖堂で着ることで、踏ん切りをつけることにしたのだった。
アニーライザの両名に「ここで式を挙げて、もうレンのことは忘れようよ」という提案をされる。たしかに失ったものは戻らないかもしれない——そう思ったエミリアは、ドレスに着替えて式の準備をする。

しかし一行がここに来た目的は、ジョーカーを迎え撃つため。緊張の糸が切れている今、襲われてはまずいと懸念するルーファス。だが、修羅場を一番くぐってきたエミリア本人が実は最も油断していなかった。メンバーに戦闘準備をさせ、ドレスのまま戦いに挑む。この時ジョーカーの代わりにと現れたのが、ディーヴァである。

戦闘能力

大型の得物を下ろす魔法攻撃形態と、得物を振り上げる物理攻撃形態に分かれているため、両方の対策が必要になる。凝視などの状態異常対策を怠るとエライ目にあうので、メカを用意できない以上は細心の注意が必要だろう。

裏技的な攻略法もあり、この仏像は下級妖魔にこっそりと分類されている。そのため、上級妖魔を連れてくれば彼らは受けるダメージを¼にまで抑え込める。そしてエミリア編に上級妖魔はこれでもかと加わるので…もはや後は言うまでもない。

ただし、リマスター版のヒューズ編では担当している事件のラスボスを強化することも可能で、エミリアの事件を追っている場合は当然強化対象がディーヴァになる。
この場合、下級妖魔に分類されなくなったおかげで上級妖魔によるアドバンテージが通じなくなったほか、凝視に頼らなくなった代わりに電撃による攻撃が格段に熾烈になっている。
また、直接攻撃も上位技を数パターン所持するという念の入れようで、もともと装備している防具に加えて補助をしっかり固めないと簡単に死体が量産される強さへと変貌を遂げている。

余談

ちなみに脈絡無く登場したラスボスではあるが、これはジョーカーがそのまま現れたのではラスボスとして小さすぎるから(アセルス編のラスボスは…とか言ってはいけない)、らしい。続編で人間大の小さなラスボスを作るとは当時の開発陣もさすがに思わなかっただろうけど…。

関連タグ

サガフロンティア ジョーカー(サガフロ) エミリア