ピクシブ百科事典

エミリア(サガフロ)

えみりあ

スクウェア/スクウェア・エニックスのコンピュータRPG『サガフロンティア』の登場人物。
目次[非表示]

概要

元スーパーモデルの女性。恋人にIRPO隊員のレンがいる。幸せな日々を送っていたが、ある日レンが何者かに殺害され、しかもレン殺害の容疑までかけられ一転して刑務所送りに。脱出した彼女は、レンの仇をとるため、裏組織「グラディウス」に入ることになる。

経緯

順風満帆だった人生が急転直下するというわりとお約束のオープニングで始まった彼女の物語は、表の組織では追えない立場から犯人を追い詰めるという、裏社会メインの話である。生活の為に心を殺して任務に携わる仲間、目的のためなら手段を選ばない任務、そしてプレイヤーの判断次第で変わる犯人の正体など、二転三転するバラエティ豊かな展開が彩られる。
元々スーパーモデルだっただけに、最初は貧弱な能力だが集中力はすでに高く、銃の扱いに長けている。覚えやすい技も銃が中心になるため、長所は活用できるわけである。彼女のシナリオのみの特典として「コスプレ・モード」があり、メイン画像の四隅にある特殊な衣装に着替えることで、覚えやすい技を自由自在に変更することができる。最初の任務で獲得するバニーガール姿は、カジノに犯人を捕まえに行く内容ゆえのスパイ作戦なのだが、バニーになりきってしまうところまでは作戦を立案した周囲のメンバーも予想しておらず、「鉄の女」と呼ばれるライザさえ一目置いた。おそらく、こうした「なりきり」ができるからこそ、衣装変更で得意分野までもを変えられるのだろう。平和な環境では花開かせることが難しかったであろう、もはや一種の「才能」である。彼女の手に掛かると、「コスプレ」が「本物」になってしまうわけである。
任務を重ねるごとに衣装は増えていき、最終的には5種類の衣装から自由に選べるようになる。そのため、最強かつ難関技の「DSC」すら、閃きタイプを変更することで修得困難な技を揃えて、誰よりもたやすく習得してしまう、プレイヤーの腕次第では凶悪無比な活用が可能である。

  • いつもの衣装「ノーマル」、術が得意な「マジカルバニー」、体術が得意な「ピンクタイガー」、剣が得意な「ソードダンサー」、通常衣装と同じ銃が得意な「リーサルコマンドー」がある。最終ボスでは特別に「ウェディングドレス」にも着替えるため、6種類の衣装で戦闘を見ることができる。
  • ……と、上記ではまるで6種類の適正変化があるように述べたが、実は技術の習得適性が変わるのはピンクタイガーとソードダンサーのみ。他は衣装を変えても全く変わらない(本来ならマジカルバニーに付加されるべき術適正などは設定ミスなのか全く機能していない)。通常衣装・リーサルコマンドー・マジカルバニー・ウェディングドレスの閃き適性はメイレンアセルスと全く同じ「剣技・体術どちらも不得意なタイプ」である。また、剣が得意とされるソードダンサーについても単にアニーと同じ閃き適正になるだけなので、さほど剣技が閃きやすくなるというわけでもない(と言うか、かのアニーが本作屈指の貧弱な閃き適正数の為、適正のある剣技の数はむしろ減る)。ピンクタイガーはライザと同じ閃き適正で、こちらは名実ともに体術(特に投げ技)が得意。
エミリア編以外のシナリオでは、カジノリージョン「バカラ」にて、マジカルバニー姿で登場(ただし実際の加入時はコスプレを解いてノーマルになる)。秘術のイベント中ならばどの主人公でも仲間にすることが可能。
この際、ブルー編では「頭の悪そうな女だが…」と思われてしまうが、実際にその通りINT(知力)の初期値は仲間キャラの中でもかなり低め(システムデータにもよるが10~15)で、その成長率も仲間になる全ヒューマン中最低だったりする。尤もサガフロのゲームシステム上、INTが伸びにくいとは言っても全く成長しないという事は勿論なく、銃や術をしっかり使っていればきちんとINTは成長するのでさほど気になる欠点ではないのだが。また、逆にWIL(集中力)やVIT(丈夫さ)は伸ばしやすいため、強力な銃使いとなれる素質がある。

関連

サガフロンティア アニー ライザ ルーファス

pixivに投稿された作品 pixivで「エミリア(サガフロ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105210

コメント