ピクシブ百科事典

時の君

ときのきみ

スクウェア・エニックスのコンピュータゲーム『サガフロンティア』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

数あるリージョンの中でも特殊な部類に属する「時間妖魔のリージョン」に居を構える上級妖魔。
下記の「努力」に起因するのか、基本的に中性的な容姿である上級妖魔としては珍しく、はっきりと男性的で筋肉質な容姿が特徴。

上級妖魔? 下級妖魔?

彼は、劇中ではその力を「上級妖魔」として扱われており、戦闘中も上級妖魔として扱われるため概要ではそのように表記したが、その正体は下級妖魔である。
妖魔の位は基本的に生まれつき決まっており、下級ゆえに上級妖魔がしない「努力」をしている。特に彼の場合はその度合いが半端なものではなく、資質(上位の術を覚える才能)を1人しか持てない貴重な「時術」という術系統をマスターしてしまうほど。それゆえ、上級妖魔と同じランクの力を持ったというのが真相である。実際、位がかなり高い者にしか付かない「君」という名前がついているあたりに、その並々ならぬ努力の跡が伺える。
ただしそれは客観的な力量の話であって、妖魔社会では生まれ持った力で地位が決まるため、努力で伸ばした分に関しては評価されていない。
ゲーム内では、上級妖魔であるヴァジュイールが彼を評して「術を極める努力など上級の妖魔がすることではない。おそらく、下級妖魔だろう」と発言している一方、下級妖魔であるメサルティムは彼を「高貴なるお方」だと認識している模様。

作品中での立ち位置

多くの主人公では、時術を求めて彼のいるリージョンに足を踏み入れることになるだろう。しかし彼が覚えている「時術」は、その名の通り、時間を制御する術である。想像の通り、極めて危険な使い方ができる系統なのである。それを危惧するあまり、自身はリージョンの奥へと隠れ、リージョンごと発生させた時間停止に自らを巻き込む形で封印している。それを解除するために必要なアイテム「砂の器」は、主人公の最大LP(戦闘不能の耐用回数の最大値)を1ポイント減らさなければ手に入らない。しかし、そうまでして手に入れる価値が確実にあるだろうと思われる術のため、彼のリージョンへと足を踏み入れ、時を動かすプレイヤーは後を絶たない。そうして彼に出会うと、2つの選択を提示される。

  • 1つ目は「彼を仲間にする」。この場合、時術を使えるメンバーは時の君ただ1人になるが、全ての時術を扱える。
  • 2つ目は「彼に時術を販売してもらう」。この場合、時の君を仲間にすることはできず、上位の時術を使えないが、複数のメンバーに時術を覚えさせることができる。

···しかし、3つ目の選択を採れる主人公もいる。ブルーである。彼は、故郷の学院マジックキングダムの命令で、あらゆる術を究めるよう言い渡されている。究めるとは、すなわち資質ごと覚える、ということである。さて、上記をお読みになればお判りの通り···時術の資質は、1人しか持てない。それを手に入れようとするブルーは、なんと時の君に戦いを挑むことになる。
時間を自在に操る彼を敵に回すとどうなるか。生半可な戦術やメンバーでは、彼が本気を出した瞬間に太刀打ちできなくなるだろう。当然、それ相応の対策を練っておく必要がある。ブルーにはもう1つ選択肢があり、時術と対をなす「空術」を手に入れるために麒麟を同じく倒すことも可能。この場合、時の君とは戦わずに済むが、どちらにせよ苦しい戦いが待っていることになんら変わりは無い。正に資質を集めるために用意された、修羅の道と言えよう。
その手間と苦難の先は、それ以上の対価になる事は間違いないだろう。

余談

  • サガフロンティア攻略本「裏解体新書」においてベニー松山氏が書き下ろした小説「ヒューズのクレイジー捜査日誌」においては、自分のリージョンでひたすら肉体を鍛える変人だった。上級妖魔は大体変人だが。
  • 上記の小説版ではヒューズに協力し、とある人物にタイムリープをかける事になる。ちなみにこの際にヒューズからつけられた愛称は「トキノ君(くん)」で、今でもそう呼ぶファンは多い。
  • 企画段階のラフスケッチの段階では、時の君の原型となった妖魔のデザインとして「フィオロ」という仮名が付けられていた(裏解体新書p.294)。しかし製品版では彼に名前はなく、「時の君の本名を教えて下さい」という質問に対してディレクターの河津秋敏氏が「ありません。このキャラクターを作ったときから名前はつけないつもりでした。」と回答している(裏解体新書p.232)。このため公式名ではなく所謂没ネーミングではあるものの、一部のファンから「フィオロ」と呼ばれることもある。
  • ブルー編で敵対した時に使ってくる技のひとつ「ポイゾナスブロウ」でロッドを構えている様子が、まるで野球のバッターのポーズに似ていることから、一部で「野球の君」と呼ばれることもある。
  • 通常は一度身につけた術の資質は以降永続し、例え相反する系統の術を手に入れたとしても術を失いこそすれ資質は消えることは無い筈なのだが、時の君がうっかり麒麟から空術を買ってしまうと、時術を忘れると同時になんと時術の資質ごと失ってしまう。このため資質詐称疑惑を掛けられることも。無論、時術を捨てるメリットは全く無く、覚え直す手段も一切無いため、試してもセーブしないように。

関連イラスト

時の君
時の君
時の君
ハピバスデイ!


関連タグ

サガフロンティア 妖魔 時間停止

pixivに投稿された作品 pixivで「時の君」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41429

コメント