ピクシブ百科事典

アニー(サガフロ)

あにー

スクウェア/スクウェア・エニックスのコンピュータRPG『サガフロンティア』の登場人物。
目次[非表示]

概要

裏組織「グラディウス」の一員。服装から開放的な性格に見えるが、組織仲間のライザ曰くその全く逆であり、本当の心の内を人にはまず明かさないほか、生存本能が研ぎ澄まされている。
どれくらい鋭いかというと、タチの悪い連中に狙われて命の危険を感じた時、わざと軽犯罪を犯して刑務所入りすることで姿を晦ましてしまう作戦をたやすく実行するほどである。
貧しい状態で弟・妹を養っていく必要があるためにこの組織に入ったのだが、年齢の近いエミリアに対してはやや心を開くこともあるようだ。
また、こうしたハードな人生経験故に愛玩系統に嫌悪感を持ち、見た目はかわいいクーンに対してハッキリと拒否の態度を持ったこともある。
金には相当がめついが情に厚い面もあり、レッドにブラッククロス四天王・シュウザーのアジトにまつわる情報を提供する際にはイタメシ屋で散々におごらせ、彼の家庭事情を聞かされてもなお「こっちもビジネスだから」と、かなりの額の情報料+案内料をふっかける。…が、アジトへの道案内を終えた彼女は「ここからはボランティアよ。」と言い、ラスボスを倒すまで共に戦ってくれる。
ちなみにレッド曰く「でかい」。

閃きの傾向

戦闘では剣が得意というデータがあるものの、イマイチ閃きが悪いという報告が多い模様。閃きやすい時期にあたる「旬」という隠し要素がなかなか彼女に訪れないのか、あるいはバグで閃きにくくなっているかは判らないのだが…もし実際にその辺りで困ったのならば、あまり意識せずに色々な武器を使わせてみてはいかがだろうか。
実は各キャラは、各技にそれぞれ閃きの適正が設定されている。その中でもアニーは「名前がカタカナの技」を中心に適正を持つという特殊な(変な)キャラ。
無月散水やその前身となる濁流剣等はおろか、序盤でよく使われがちな剣技の殆どにも適正を持たない。この為、技が貧弱なイメージがどうしても先行してしまうのである。
この特徴は体術にも及んでおり、適正を持つのはやはりカタカナ名のプロレス技やスウェイバックなど。
この妙な特徴のおかげで、閃き適正のある技数はヒューマンの中でもぶっちぎりの最下位。
デッドエンドやロザリオインペール、(カタカナでは)最強のライジングノヴァを駆使して戦えば何とかカバーはできるだろう。(ただ、それらに派生しやすい技の適正をことごとく持っていない・・・)
思い切って適正の影響しない、銃や術を使わせるのも手である。

関連

サガフロンティア

pixivに投稿された作品 pixivで「アニー(サガフロ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43667

コメント