ピクシブ百科事典

アゲハント

あげはんと

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.267
ホウエン図鑑No.016
新ホウエン図鑑No.016
シンオウ図鑑No.050
英語名Beautifly
ぶんるいちょうちょポケモン
タイプむし / ひこう
たかさ1.0m
おもさ28.4kg
とくせいむしのしらせ/とうそうしん(夢特性)


進化

ケムッソ ┬→ カラサリスアゲハント
     └→ マユルド  → ドクケイル

華麗に舞え!



概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア』(第3世代)に初登場したポケモン。

ケムッソ系の最終進化系の1つ。色鮮やかな羽根を持つチョウ型のポケモン。
花畑など花のあるところに集まり、細い口で花粉や花のミツを集める。
実は見かけによらず凶暴な性格で、怒らせると相手に細い口を突き刺して体液を吸うという。
なお実在のオオムラサキも縄張り意識が強く、縄張のクヌギの樹液によって来たオオスズメバチを撃退することもある。

ブラック・ホワイト』では夢特性「とうそうしん」が与えられたが、
もっとまともな特性はなかったのかと多くの人がツッコミを入れたに違いない。

ダイヤモンド・パール』においてはギンガ団のしたっぱ達が使うポケモンとしても登場している。

ケムッソカラサリス→アゲハントと進化するが、
ケムッソからマユルドドクケイルになる場合もあるため厳選は難しい。
その上ほぼ上位版といえるガーメイルですらもバトルでは厳しいと評価を受けているあたり、
並のテコ入れでは実戦級にはなれないほどの不遇ポケモン。埋葬級とも。
だが、どうにかして救って欲しいという熱心なファンも少なくない。
ちなみにドクケイルの方は油断していると痛い目見ることもあるが、やはり不遇の部類である。
『ブラック・ホワイト』では強力な能力強化技「ちょうのまい」を習得したが、
上位互換のガーメイルも使える・そもそも積む前にやられそうなど、やはり問題を抱えている。
ガーメイル等と決定的に差別化できる技があれば…

見た目はともかく、レディアン及びコロトック
唯一虫の称号をかけて争うことしかできないのが現状である。
一応、『XY』では特攻が強化され、ガーメイルを超える蝶ポケモン最強の特殊火力を得たが……

モデルはアゲハチョウ。特に図案化された蝶、所謂蝶文様がモチーフであると思われる。

主な使用トレーナー

リョウ / 四天王(シンオウ)

リョウとアゲハント


『プラチナ』では完全上位互換にあたるメガヤンマに変わっている。

アニメのアゲハント

ハルカのアゲハント

ぎんいろのかぜ!


CV: 白石涼子

AG編28話にてカラサリスから進化した。

ケムッソ時は(ハルカに似て)大食らいでマイペースな性格だったが、アゲハントへの進化後は落ち着きを見せ、頑張り屋で素直な性格に。
ハルカの頭の上に乗ることが多い。DP編での再登場時(後述)には、海からやってきてサトシの頭に乗ったことで、ハルカのアゲハントだとわかった。
ひこうタイプとして、サトシのスバメ(→オオスバメ)と共に空からの捜索(ロケット団など)にあたることも。

ハルカがポケモンコーディネーターに憧れたきっかけであり、「(アゲハントに進化させて)一緒にポケモンコンテストに出る」という目的でゲットされたポケモンでもあるため、コンテストでの活躍が目立つ。
ハルカのデビュー戦となったカイナ大会(AG編35話)に共に出場し、ハジツゲ大会(同50話・51話)にてハルカを初優勝に導いた。その後もルイボス大会(同78話)やホウエングランドフェスティバルにて活躍し、ホウエンでの旅の終了後にハルカの母・ミツコに気に入られたため、トウカジムに預けられる。
ジムにいる間に「サイコキネシス」を覚えたため、同187話にてハルカの元に呼び戻された。

DP編でハルカと共に再登場。ミクリカップのセミファイナルでノゾミニャルマーを破る活躍を見せた。

使用技は「たいあたり」「いとをはく」「かぜおこし」「ぎんいろのかぜ」「あさのひざし」「サイコキネシス」「つばめがえし」。

関連イラスト

アゲハントの日
あげはんと



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧
バタフリー ケイコウオ
ケムッソ カラサリス マユルド ドクケイル

pixivに投稿された作品 pixivで「アゲハント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 177012

コメント