ピクシブ百科事典

キリコ・キュービィー

きりこきゅーびぃー

キリコ・キュービィーは、「装甲騎兵ボトムズ」の主人公。
目次[非表示]

人物

CV:郷田ほづみ

テレビシリーズ第1話の時点では18歳。ギルガメス暦2326年7月7日生まれ。
身長175cm。体重72kg。血液型AB型。(『孤影再び』のIDデータより)。
出身に関してはメルキア・サンサと諸説あるが、正確な出自は本人の記憶が10歳以前のものが曖昧なため不明である。
性格は本人曰く、「クソ真面目な男」。
冷静沈着かつ寡黙で無愛想だが、信頼した仲間や受けた恩には報いようとする義理堅い男である。物語終盤では冗談や軽口も言ってみたりするようになる。強靱な精神力と屈強な肉体を持ち、どんなに困難な状況でも決してひるまずに突破口を模索する。

初登場時はギルガメス軍の「メルキア方面軍」に所属、階級は曹長。
一時は第24メルキア方面軍戦略機甲兵団・特殊任務班X-1(通称レッドショルダー)にも所属していた。
その後、味方の基地を強襲するという不可解な作戦に参加させられたキリコは任務中に「素体」と呼ばれるギルガメス軍最高機密を目にしたため、軍から追われる身となり町から町へ、星から星へと幾多の「戦場」を放浪する。

搭乗機はスコープドッグラビドリードッグなど。主にドッグ系ATを好んで使用する傾向にあるが、状況によってはファッティーツヴァークなどの別系列のATにも搭乗している。
戦闘能力においてはAT操縦技術や反応速度も非常に高いだけでなく、とっさに機転を利かせる柔軟性も持ち併せ、常人をはるかに凌ぐ戦闘力を持つパーフェクトソルジャーともほぼ互角かそれ以上に戦えるほど。
フラグブレイカーとしても有名で、数多の死亡フラグをへし折ってきた正に不死身の男である。
ただしこれらにはワケがあり、キリコの重要な秘密にも繋がっている。

意外にも食事には人並みに少々こだわりのようなものがあるようで、フィアナの作った料理を「旨い旨い」と感激しながらパクついたり、クエント星での旅の途中でスナモグラ(巨大なイモムシのような怪物)の肉を勧められた時は食べるのを迷っていたりする。
ちなみに好物は干し肉であり、嫌いな物はホヤ。酒はサンサ編まで飲んだことがなく、初めて飲んだ時は「まずい」と言ってむせてしまっていた。
大口径拳銃のバハウザーM571アーマーマグナム(対AT用徹甲弾を使用)を携行している。
私服の類は持っていないらしく、常にATパイロット用の赤い耐圧スーツを着込んでいる。もっとも、常に戦いの運命がつきまとうキリコにとってはこちらのほうが都合がいいのかもしれない。

余談

担当声優の郷田ほづみはボトムズ放送中、小学生の女の子から「世の中がいやで自殺したくなるほどだったが、キリコの活躍を見ているうちに、生きる気力が湧いてきた」という内容のファンレターをもらったことがある。

メディアミックスでの活躍

ブレイブサーガシリーズ

勇者シリーズが主役の作品ではあるが、機甲界ガリアンジョルディ・ボーダー
太陽の牙ダグラムクリン・カシム共々ゲストキャラとして登場。
1ではウドの街。2では脱出からサンサ編までを途切れ途切れで再現している。
また継承特典で『ベルゼルガ物語』のテスタロッサや『赫奕たる異端』のバーグラリードッグをも操縦してしまう。

サンライズ英雄譚シリーズ

スーパーロボット大戦シリーズ

第2次スーパーロボット大戦Z 破界編で初参戦。
特殊技能・異能生存体(HPが10%以下になると全能力が大幅に上昇)が非常に強力。
更には底力Lv9を最初から所持しているため、この二つが同時に発動すれば触れ得ざる者の完成である。
精密射撃(クリティカル発生時のダメージが通常の倍になる)の効果を生かすため技量を強化するのがオススメ。
同じく技量が関係してくる再攻撃(相手との技量差が20以上ある時にもう一度攻撃)を習得させるのもいいだろう。
精神コマンドでは魂(相手に与えるダメージが2.5倍)と覚醒(行動回数を1回増やす)を覚える上に
両方ともSP消費量が50と燃費が良く使いやすい。そして期待(味方ユニットのSPを50回復する)
との相性がとてもいいので、この精神コマンドを覚えるキャラクターをうまく活用すれば
キリコ単騎でラスボスを1ターンキルできる。
分岐では主にコードギアス黒の騎士団ガンダムWヒイロ・ユイ達と行動を共にする。
とあるシナリオでは、ギシン星人の兵員輸送船をアーマーマグナムで撃ち落とすというスゴ技を披露した。
続く第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇では、フィアナの治療資金を稼ぎ治療方法を探す為に闇バトリングで勝ち続けていた所をミスリルに勧誘され所属、彼をモデルにしたと言われるフルメタル・パニック!相良宗介とも絡みが見られ、宗介や前作からシナリオで絡みの多いカレンに対しての援護セリフが今作で用意された。
あるシナリオではボン太くんに搭乗(?)してくる場面もある。

乗機であるスコープドッグは換装でレッドショルダーカスタム・ターボカスタム・ラウンドムーバーに変更可能。
レッドショルダーカスタムは武器が追加され、継戦能力が非換装時と比べて増しているが移動力・運動性が低下。ターボカスタムは最初は野望のルーツ仕様で手に入るが、途中でザ・ラストレッドショルダー仕様に変更となる。
どちらの仕様も武器が追加され、移動力・運動性がアップする。なお前者は全ての武器が移動後に使用できる。
ラウンドムーバーは宇宙戦に対応しているが、最大火力が他のものと比べて低い。宇宙でラウンドムーバー以外の換装を使いたいなら強化パーツでの補強が必須。
隠し機体としてペールゼン・ファイルズに登場したギルガメス軍情報省直轄部隊仕様のターボカスタムがある。
武器は通常のターボカスタムと比べて少ないが、宇宙適応がAとなっている。
再世篇では「湿地戦対応装備」という形でマーシィドッグが登場。
武器はヘヴィマシンガンがショートバレル型になった以外に変化は見られないが、微妙に水中適応が上昇している。前回からレッドショルダーカスタムが引き続き登場しているが、途中でLRS仕様のターボカスタムに変更となる。
作中中盤、クエント篇再現シナリオでワイズマンの後継者(通称黒キリコ)として味方の前に立ちはだかる。
その際に乗っていたラビドリードッグは味方に復帰後もそのまま使用可能。

第3次Z時獄篇においては機体がサンサ編で登場したスコープドッグⅡ(名前はそのままスコープドッグ)となり、ラウンドムーバーの他にもビッグバトル赫奕たる異端の最終シナリオでそれぞれ軽量仕様のライトスコープドッグ・強襲仕様のバーグラリードッグに換装が可能。
前者は耐久力を犠牲にして機動力を向上、後者は武器が追加されて継戦能力が増している。
ちなみにバーグラリードッグのコンバットアサルトのトドメでは、敵機を崖に押し付けてコクピットから顔を出しアーマーマグナム接射で〆る演出になっている。
敵味方のサイズが天元突破する「天の光はすべて星」でもこの演出なので、「天元突破崖」や「天元突破キリコ」が拝める。

エースボーナスは「気力130以上で、全ての武器の攻撃力+300」(Z2)
「HP30%以下で特殊スキル『異能生存体』が発動する」(Z3)

なお、第2次スーパーロボット大戦Zでは真ライガーがドリルミサイルを撃てないのはキリコを格納した状態で使用すると真ライガーが異能生存体の力により壊れてしまうからというネタがあったが第3次スーパーロボット大戦Zではキリコを格納しても普通に使用出来る辺りあまり関係なかったのかもしれない(キリコをドリルミサイルの部分の反対方向に格納しているという解釈も出来るが)。

関連イラスト

着弾を肉眼で確認する兵士
装甲騎兵ボトムズ



関連タグ

装甲騎兵ボトムズ ボトムズ 異能生存体
フラグクラッシャー 不死身 不死身の男
キリコ・キュービー(表記ゆれ)
名前繋がりキリコ・QB 新米騎警キリコさん

pixivに投稿された作品 pixivで「キリコ・キュービィー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 592449

コメント