ピクシブ百科事典

東京ミュウミュウ

とうきょうみゅうみゅう

『東京ミュウミュウ』とは、原作・原案:吉田玲子、作画:征海未亜による漫画作品。及びそれを原作としたアニメ作品。
目次[非表示]

概要

いわゆる美少女戦隊モノで、環境問題などのシリアスなテーマも取り入れられた。女児向けの作品であったが、成人男性からも多くの支持を得た。今のプリキュアシリーズの走りとも言える。

本来の原案作は以前に征海未亜が執筆した、彼女のオリジナル読切作品である『Tokyo黒猫娘』なのだが、改めてプロジェクトとして作品化するにあたり征海の設定を整理・拡張した上でクリンナップするための設定原案者(プロット・ディレクター)および原作者(ストーリー・エディター)として吉田玲子を迎えた。

ストーリー

桃宮いちごは同級生の青山君のことが好きな中学生。
いちごは念願の青山君とのデート中に遭遇した地震の直後、数人の女の子と光に包まれ、ネコが自分の体に入るかのような感覚に襲われる。それ以降、眠気にいつも襲われたり、体が異様に身軽になったり、魚を見るとくわえてしまうようになってしまったいちご。
その不思議さに悩むいちごを心配してくれた青山君に告白しようとしたら、今度は目の前に巨大なネズミが現れて襲い掛かる。
そこに突然現れた青年に「戦え!」と言われたいちごは、「ミュウミュウストロベリー メタモルフォーゼ!」と言って猫耳としっぽをつけた姿に変身してしまった。
実はその青年・白金稜は、地球の動物達に寄生して生物兵器「キメラアニマ」に変えようとしているエイリアンに対抗するため、レッド・データ・アニマルの遺伝子を打ち込んで死滅させる「μプロジェクト」を赤坂圭一郎と共に進めていた。しかし地震によって誤っていちご達にそれが打ち込まれてしまい、いちごはイリオモテヤマネコの遺伝子と合体し、生物兵器(キマイラ)「ミュウミュウ」なる正義の味方になってしまったのだった。

キメラアニマを倒したいちごは、白金と赤坂からエイリアンの目的が地球侵略であるとともに、ほかに4人の仲間がいることを知らされる。そこでいちごはエイリアンと戦うために他の仲間を探しつつ、情報収集のために白金たちのアジトである「カフェ ミュウミュウ」でウェイトレスとして働くことになった。
だが、いちごは心に負担がかかると野性の本能でアニマル化するようになってしまい、エイリアンを全滅させて自身の能力が退化するまで青山君に告白することができなくなってしまっていたのだった。

主な登場人物

ミュウミュウ

ミュウミュウ
東京ミュウミュウ
東京ミュウミュウ
東京ミュウミュウ



仲間


エイリアン


聖薔薇騎士団(セントローズクルセイダーズ)


サブキャラクター


アニメ版のみのキャラクター


アニメ

テレビ愛知発、テレビ東京系列ほかにて2002年4月から2003年3月まで全52話が放送された。
ストーリーは基本的に原作第1部中心で描かれているが、いくつか相違点が存在する。
例えば、原作最終回では青山の告白で終了、この時「あ・ら・もーど」のベリーが姿を見せているのだが、アニメ版最終回では白金が「新たな敵が現れた」と言って再び戦うことになるという展開に変更されている(これは原点となった『Tokyo黒猫娘』のラストシーンをアレンジしたものらしい)。また、ミュウミュウの武器等も一部アレンジが施されている他、原作では登場しなかったみんとの兄やれたすの家族、歩鈴、ざくろの母親もアニメでは登場している。

スタッフ

企画:東京ミュウミュウ製作委員会
原作:征海未亜
シナリオ:吉田玲子
プロデューサー:高柳明史、関谷将人、可知秀幸、山田昇、萩野賢
シリーズ構成:十川誠志
美術監督:高田茂祝
撮影監督:福島敏行
キャラクターデザイン:北山真理
サブキャラクターデザイン:宇佐美皓一
音楽:根岸貴幸
アニメーションプロデューサー:南喜長、福良啓
監督:阿部記之
アニメーション制作:Studioぴえろ
製作:テレビ愛知、AEON(we've)、東急エージェンシー


主題歌

オープニングテーマ
「my sweet heart」
作詞:T_T
作曲・編曲:UZA
歌:小松里賀

エンディングテーマ
「恋はア・ラ・モード」
作詞・作曲:ホンダタカノブ
編曲:Grooving K.T
歌:東京ミュウミュウ(桃宮いちご(中島沙樹)、藍沢みんと(かかずゆみ)、碧川れたす(佐久間紅美)、黄歩鈴(望月久代)、藤原ざくろ(野田順子))

挿入歌
「グライダー」
作詞:清原明恵
作曲:UZA
編曲:磯江俊道
歌:小松里賀

ゲーム

プレイステーション用のソフトとして発売。ジャンルはRPG。

概要

島を舞台に東京ミュウミュウのメンバーがキメラアニマと戦いながら謎のエイリアン、ガトー・デュ・ロアの陰謀を止めるのが目的。ゲームのみに登場するミュウリンゴが途中でパーティーメンバーに加わる。原作、アニメに登場するエイリアンはキッシュのみで、パイやタルトは出現しない。オーソドックスなフィールドタイプのRPGで戦闘はサイドビュータイプ。パーティーメンバーは戦闘中に入れ替えができ、敵の攻撃を受ける際に「よける」または「ぼうぎょ」を選択するシステムとなっている。またゲージを貯めることで合体攻撃など強力な攻撃を行うことができる。
キャラクターごとに得意な敵と苦手な敵が設定されており、相性に合わせて戦闘メンバーを入れ替えるのがコツとなる。

キャラクター性能

  • ミュウイチゴ

 バランスの取れたタイプ、途中でイベントにより能力が上がる。得意:小型動物 苦手:虫系、中型動物

  • ミュウミント
 素早さが高く防御力とHPは低い。得意:鳥類 苦手:昆虫類
  • ミュウレタス
 防御力が高く、素早さと攻撃力が低い。得意:大型動物 苦手:小型動物
  • ミュウプリン
 素早さが高く、HPは低い。得意:哺乳類、ワニ 苦手:なし
  • ミュウザクロ
 HPが最も高い(ミュウイチゴ覚醒前)が素早さと防御力が低い。得意:なし 苦手:鳥類
  • ミュウリンゴ
 防御力が高くHPと攻撃力が低い。回復技が使える。得意:爬虫類、両生類 苦手:なし


余談

メイド喫茶をイメージさせる雰囲気から「世に出るのが早すぎたアニメ」と呼ばれることもある。
また、後の作品に多大な影響を与えたことでも知られている。

プリキュアVSプリキュア


一方で、基礎カラーリング、恋愛との二足のわらじ想い人が物語の重要な鍵など、古典的な変身ヒロインアニメの王道設定を踏襲しており、見る者によっては懐かしさを感じさせる。
このように旧世代と新世代をつなぐ架け橋としても大きく貢献した。


関連タグ

なかよし 変身ヒロイン  魔法少女 
Yes!プリキュア5
キラキラ☆プリキュアアラモード

BLEACH(制作会社・スタッフ・キャスト・効果音・主人公の名前(「いちご」)繋がり)

ミュウ... 一護? (Mew... Ichigo?)



明坂聡美桜井真子(現: MAKO)・・・『東京ミュウミュウ』におけるプロモーション活動の一環として2001年に結成された「ミュウ・ファイヴ」の一員。2002年9月に桜井真子から三田真央へと変更となるが中途で活動を休止し、自然消滅。

外部リンク

アニメ公式サイト
必殺技辞典

pixivに投稿された作品 pixivで「東京ミュウミュウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2314453

コメント