ピクシブ百科事典

スイスショック

すいすしょっく

2015年1月15日に発生した金融市場の混乱。
目次[非表示]

概要


2015年1月15日、スイス国立銀行は1ユーロ=1.2スイスフランを上限として行っていた為替介入の終了と政策金利の引き下げを決定した。

スイス国立銀行は2011年9月から、スイスフラン高抑制を目的に1ユーロ=1.2スイスフランを上限とする無制限の為替介入を行ってきたが、ECB国債購入による金融緩和が予想され、その場合、為替介入による為替レート維持が困難になると見られ、従来の政策を放棄した。

為替レートは1ユーロ=1.2スイスフランから0.8517フランまで約41%急騰した。

ドイツ銀行バークレイズは数千万ドルの損失と報じられ、個人向け為替取引仲介業者の中には倒産に追い込まれたところもある。

スイスフランは個人投資家はあまり手がけない通貨であるが、混乱はユーロ売りの形でアメリカドル日本円に波及、FXで有り金全部溶かすだけでなく、借金を負うことになる者も出た。

その後


1月22日にECB理事会量的緩和政策の実施を決定、3月9日に国債買い入れを開始した。
4月30日にスイス国立銀行は1-3月期の決算を発表、約300億スイスフラン(約3兆7900億円)の最終損失、為替差損は411億スイスフラン。

関連タグ


スイス 金融市場 FX

pixivに投稿された作品 pixivで「スイスショック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 232

コメント