ピクシブ百科事典

イザナギの編集履歴

2015-08-27 18:23:02 バージョン

イザナギ

いざなぎ

イザナギは、日本神話の中核を成す男神。

神話では

天地開闢で神代七代の最後にイザナミとともに生まれた男神『国堅めの神』『生命の祖神』などともされている。
古事記では伊邪那岐命、日本書紀では伊弉諾神と表記される。

イザナミと天沼矛を使って海をかき回してできたオノコロ島に降り立ち、天御柱を回って結ばれた。最初はイザナミから声をかけたが、それにより異形のヒルコが生まれてしまい、今度はイザナギから声をかけて、国や万物の神々が生まれた。
しかし、イザナミは火の神・迦具土神を産んだことで亡くなり、イザナギは迦具土神を殺してイザナミを葬った。
イザナミを忘れられないイザナギは黄泉の国へ向かい再会するが、「見るな」というイザナミとの約束を破って、使者の姿のイザナミを見てしまったために、イザナミや黄泉の住人達に追われ、黄泉比良坂でイザナギは大岩で入り口を塞いだ。イザナミは

「愛しき我が夫の伊邪那岐命よ。あなたが私にこのような仕打ちをするのなら、私はあなたの国の人間を一日千人、くびり殺しましょう」

という呪詛を投げかけ、イザナギは

「愛する妻、伊邪那美命よ。おまえがそうするのなら、私は一日千五百人の産屋を建てよう」

と返し、誓いを交わしたという。
この誓い合いから、日本では世の人間は1年に1000人死に、1500人生まれるようになったとされている。

日本書紀ではここでククリヒメという謎の女神が登場し、イザナミの言葉を伝えたとしている。
地上に戻ったイザナギは禊をすると天照大神月読命スサノオ三貴子が出現した。イザナギは三柱に昼・夜・海を各々で治めるようにしたが、スサノオは母のいる黄泉に行きたいと騒いだ。彼はスサノオを追放し、自身も隠遁したという。

ペルソナ4では

p4


の初期ペルソナとして登場。
電撃属性スキルと物理スキルをそれなりに使いこなす。

所詮は初期ペルソナとして合体素材に使われることになるのだが、その見た目のかっこよさが人気となり、使い込むプレイヤーも少なくない。それどころか、その見た目が番長っぽい為に、ペルソナ4の主人公自身も『番長』と呼ばれるようになっている。
そんな感じで初期ペルソナでありながら多くのファンに愛されるため、ついには地獄の○×ゲームを超えてまで強化されたイザナギを生み出すマニアックなプレイヤーも登場した。

なお、最終的には『伊邪那岐大神』へと転生する。
また、とある人物は亜種のような『マガツイザナギ』を覚醒させる。