ピクシブ百科事典

ヒルアゲハギンの編集履歴

2019-12-04 00:53:27 バージョン

ヒルアゲハギン

ひるあげはぎん

ヒルアゲハギンは、「地球戦隊ファイブマン」に登場した合身銀河闘士のひとり。

CV:徳丸完

説明

地球戦隊ファイブマン」の第42話「カンフー魂」に登場した合身銀河闘士で、無数のヒルで構成されたヒルギン、アゲハチョウがモチーフのアゲハギンがフランケンカプセルで合体した姿。ヒルがへばりついたようなつなぎ目が特徴である。
右手から発せられる光でファイブマンの5人の変身エネルギーを奪い、またファイブロボの超次元ソードも奪う。

なおヒルギンとアゲハギンは、資料によってはそれぞれヒルラギンアゲハルギンとするものもある。

劇中の活躍

序盤にシュバリエとともに現れ、対峙すべくファイブイエローに変身しようとしたレミのVチェンジャーエネルギーを奪い、変身を解除してしまう。ヒルアゲハギンはその変身エネルギーを銀河戦隊ギンガマンのグリンカ星人に与える。するとグリンカ星人はたちまち、偽ファイブイエローへと姿を変えた。
レミの加勢に来たほかの兄弟先生もファイブマンに変身しようとするが、ヒルアゲハギンは彼等にも光を浴びせてVチェンジャーエネルギーを奪い変身を強制的に解除、残りのギンガマンをも偽ファイブマンに変えてしまった。
変身不能に陥った兄弟先生は、偽ファイブマンの前に一度は一敗地にまみれる。

偽ファイブマンが街中で人々を襲う様子をマグマベース越しに観ていた、手負いのレミは、「ファイブマンは私なのよ」と怒りもあらわにマグマベースを飛び出し、生身のままで偽ファイブマンに対峙。偽ファイブレッドの急所に蹴りを入れると、偽ファイブレッドはバイカン星人の正体を現した。
残る兄弟先生も生身のままで偽ファイブマンと対決し、彼等をギンガマンに戻した。

ヒルアゲハギンはファイブマンに倒されたのち、ゴルリン34号に吸収され巨大化、ファイブロボの超次元ソードを奪うも、スターファイブと合体したスーパーファイブロボに超次元ソードを奪還され、最後はスーパーベクトルパンチの前に敗れ去った。

偽ファイブマン

ヒルアゲハギンが兄弟先生から奪ったVチェンジャーエネルギーを浴び、銀河戦隊ギンガマンが変身した姿。
本物との違いは、ギンガマン各人特有のマフラーがあることと、黒いマシンガンを武器にしていること。本物と同じホークアローにも乗るが、本物から奪ったものかどうかは定かではない。

関連項目

地球戦隊ファイブマン
銀帝軍ゾーン合身銀河闘士
悪の戦隊銀河戦隊ギンガマン