ピクシブ百科事典

インパルスガンダム

いんぱるすがんだむ

アニメ「機動戦士ガンダムSEEDDESTINY」に登場するモビルスーツで、前半主役機。 パイロットはシン・アスカ。(後半はルナマリア・ホーク)
目次[非表示]

概要

ザフト軍がユニウス条約締結後に開発した「セカンドステージシリーズ」に分類されるモビルスーツ。インパルスとは英語で「衝動」を表す。
ストライクガンダムのストライカーパックを参考に、ザクウォーリアのウィザードシステムを発展させた「シルエットシステム」が搭載されており、ストライクと同様にバックパックを換装する事で様々な戦況に対応することが可能となっている。
アニメ本編では高機動型の「フォース」、火力重視の「ブラスト」、近接戦闘用の「ソード」の三種類が登場しており、地球連合軍が開発したPS(フェイズシフト)装甲を発展させたVPS(ヴァリアブルフェイズシフト)装甲の「装甲に流す電流の量を調整・最適化する」という性質により、装着したシルエットによって機体の色が変化する。

また、本機は母艦であるミネルバから発信されるデュートリオンビームを受信することで、母艦に戻らなくてもエネルギー供給を受ける事が可能となっている。
このシステムとVPS装甲の併用により、PS装甲を搭載したモビルスーツの最大の課題であった稼働時間の短さが大幅に改善され、理論上は無制限の作戦行動時間を実現したが、エネルギー供給の際は無防備状態になってしまうため戦闘中での使用は簡単ではなく、本機を運用できる艦艇がミネルバに限定されてしまうなどの問題点もある。

更に、ガンダム伝統の「コアブロックシステム」が採用されているのも本機の大きな特徴である。
出撃時は、コアスプレンダー(=コアファイター)、チェストフライヤー(上半身)、レッグフライヤー(下半身)、シルエットフライヤー(シルエットを運搬する無人機)の4つが別個に射出され、合体は出撃後に行なわれる。
チェストフライヤーやレッグフライヤーが破損した場合でもミネルバより即座に予備パーツを射出して換装する事により戦闘が続行できるため、実質的にコアスプレンダーこそがインパルス本体であると言えるだろう。
合体後はフォースシルエットが無ければ飛べなくなるが、分離した状態であれば、何と飛行が可能という優れもので、劇中でも有効活用されている。

劇中では、キラ・ヤマトフリーダムガンダムを、核搭載機との性能差を覆して撃墜するなど輝かしい戦果を上げている。パイロットのシン・アスカデスティニーガンダムを受領した後、本機のパイロットはシンの同僚であるルナマリア・ホークが務めている。

各シルエット装着

フォースインパルス

フォースインパルスは中近距離戦闘を想定した機動力強化用のシルエット「フォースシルエット」を装備した形態である。
フォースシルエットは大推力のスラスターと複数のバーニアスラスターに加え、放熱板を兼ねた6枚の翼を備え、宇宙空間や大気圏内を問わず高い飛行能力を発揮する。いままでに軍に正式採用された換装型バックパックには「宇宙空間・大気圏内兼用」と「大気圏内飛行」を両立した機動力強化用のバックパックは存在しておらず、機動力強化用バックパックとしての汎用性は従来のそれを大きく上回ると言える。また装備としてビームサーベルを2本搭載し、機動力と合わせて格闘能力も向上させる。
フォースインパルスは高い機動性とスタンダードな武装、加えて大気圏内での飛行が可能な点からも汎用性が高く、第2話で初登場して以来最も使用頻度の高い形態である。VPS装甲の色は、シルエットを装着していないインパルスと同じく白と青を基調とするものとなっている。
34話でのフリーダム戦で、フォースシルエットの状態のままソードシルエットを射出させ、フォース状態のままでエクスカリバーを使用してフリーダムを撃破したのはかなり印象的である。その影響か、後に発売したMGのフォースインパルスのガンプラではエクスカリバーが付属していたり、ゲームなどではフォースインパルスの武装に加わっていたりと、フォース状態でのオプションとして取り上げられている。大気圏内での飛行が可能なフォース状態に、高い切断能力を持つエクスカリバーとの相性は意外とよく、エクスカリバーを持っての突撃はゲームなどでも必殺技の様に演出されている(後継機のデスティニーにもアロンダイトの突撃があるが)。

ソードインパルス

ソードインパルスは対MS格闘戦を想定した格闘戦用シルエット「ソードシルエット」を装備した形態である。
ソードシルエットに搭載される追加装備は二振りの大型レーザー対艦刀と二つのビームブーメランと全て近接戦闘用のものだが、機体本体にビームライフルを標準装備することにより中距離戦闘にも対応可能。追加装備を全て取り外したソードシルエットの形状は非常にシンプルであり、デッドウェイトとなる部分は殆ど無く、機体の運動性能を損なわない。VPS装甲の色は白と赤が基調となっている。
劇中では活躍頻度こそフォースに劣るがシンの初のSEED発現やルナマリアが搭乗してのデストロイ撃破など見せ場がある。
、また、Gジェネレーションではシン・アスカのベーシック機体がこの形態であると、エール特化のストライクと違いインパルスを象徴する形態となっている。

ブラストインパルス

ブラストインパルスは対艦攻撃・火力支援を想定した火力強化用のシルエット「ブラストシルエット」を装備した形態である。
ブラストシルエットは大出力のビーム砲とレールガン、面制圧用のミサイルランチャーなど多種多様の火器を搭載しており、単純な破壊力と射程距離は全シルエット中最強といえる。また、追加スラスターやビームジャベリンなど、中距離以下での戦闘を考慮した装備も備えられており、ある程度は格闘能力と機動性も保たれている。大気圏内ではホバー走行も可能。ブラストインパルスのVPS装甲は白と黒および緑が基調となっている。大出力ビーム砲「ケルベロス」を使用するにあたり、エネルギーの激しい消耗に対応するためにVPS装甲の通電量を減らし、エネルギーを節約することで対応している。また、黒い部分はよく見ると通電していない状態の装甲の色に酷似しているため、この部分は通電を切っていると思われる。
ちなみに、曲がりなりにも主役機の一形態でありながら、本放送時に発売されたブラストインパルスのガンプラは関節が無可動の1/144のみであった。ソードはHGで発売されたのに……
ブラストインパルスが初めてHG可されたのは、HGCEフォースインパルスが発売された2016年のこと(HGCEフォースインパルスのコンパチ商品として、プレミアムバンダイ限定商品での発売)。実に放送開始から12年もの歳月を経た後のことであった。

カオスインパルス

カオスと同様の機動兵装ポッドを背負う形のシルエットを装備。腰部サイドアーマーと両碗のシールドがクローに変形する。MA形態への変形も可能だが、脚部を切り離す必要がある。

アビスインパルス

アビスの特徴である両肩部シールドを装備したシルエットと、専用のレッグフライヤーを装備。アビス同様に水中用MAへの変形も可能。全身が青基調のVPS装甲となっている。

ガイアインパルス

フレーム強度に問題が生じるため、ガイアとは異なり、MS形態時の腕部をMA形態の前脚部とする可変機構は除外されている代わりに、バックパックを前脚部とする可変機構を搭載しているため、下半身のみで四足の形態に変形させることが可能となっている。その為かシルエットとレッグフライヤーが一体化している。

デスティニーインパルス

本機が装備するデスティニーシルエットは、フォース、ソード、ブラストの全シルエットの特性を備えた万能型モジュールであり、ストライクのI.W.S.P.に相当する統合兵装システム試験運用型とされている。デスティニーインパルスは従来のインパルスのように各シルエットモジュールを換装する必要なく、このモジュール単一で全状況に対応できる万能MSとして開発された。形式番号のΘはギリシャ文字の八番目であり、8番目に設計されたシルエットであるデスティニーシルエットを意味している。デスティニーインパルスは全4機が建造されており、3機がロールアウトした。
シルエットモジュールにはデスティニーガンダムと同じくミラージュコロイドを発生させる高機動スラスターウイングを持ち、さらにレーザー対艦刀エクスカリバーと、新たにテレスコピック・バレル延伸式ビーム砲を2門装備する。さらに、フラッシュエッジビームブーメランについてはビームシールド発生装置と一体化したものが本体に装備されている。
しかし、本機はチェストフライヤーが新設計となったものの、分離・合体機構は従来のインパルスのままであり、過剰ともいえる重武装は機体に大きな負担をもたらす結果となった。更にビームに偏った装備のためエネルギー効率も悪く、1回の出撃で2〜3回のデュートリオン充電が必要という劣悪なエネルギー効率となった。そのため、より強力な万能機開発は新規設計により行われることとなり、X42S デスティニーの開発が提案された。この時、試作された4機のデスティニーインパルスが完成していたが以降の開発・生産は中止となっている。
従来のインパルスの三つのシルエットモジュールの性能を単一で賄うことを目的としてデスティニーシルエットは開発されたが、万能機とした反面、インパルス元来の開発コンセプトである「パーツの換装による多局面の戦闘への対応」という意義が希薄なものとなっている。劇中でも「これは“インパルス”では無い」とはコートニー・ヒエロニムスの談である。
試作された4機のうち3機のデスティニーインパルスは、装備した各シルエットによりVPS装甲の色に違いが生じている。1号機は赤紫、2号機は「ザフトレッド」のような赤、3号機は青紫となる。3機はそれぞれロールアウトされ、1号機はマーレ・ストロード、3号機はコートニー・ヒエロニムスに受領される事となる。2号機の受領については現時点不明、4号機についてはその存在以外、詳細不明である。
前述の通り実戦運用に難のある機体だが、メサイア攻防戦に投入された3号機は多大な戦果を挙げている。

ちなみに色の違いはもともと月刊ホビージャパンに連載していた企画で初登場した際にプラモデルの作例でデザイン画(つまり1号機の色)が青みがかっているのを空気遠近法と解釈して、青みを抜いたカラーで塗装した所、「ザフトレッド」のような赤になった為。その後、同誌のリニューアル一周年記念で再び、青紫のカラーで製作した際に当時の担当者がデザイン画を1号機、「ザフトレッド」を2号機、青紫を3号機と想定していたのをサンライズ側が汲み取った結果である。

デスティニーインパルスR

デスティニーインパルスの計画を引き継いだ民間企業が独自のコンセプトを加えて完成させた機体。
最大の特徴は自律飛行が可能な「デスティニーRシルエット」、コネクターの規格はストライカーパックシステム。武装はウルフスベイン長射程ビーム砲塔が2門のみだが、ストライカーパックシステムに対応した機体にコネクターを介してジャックする機能を持つ。
インパルス側はビームシールド等が無い通常の状態に戻され、コアスプレンダーをストライカーパックのプラグを搭載したブロックに変更している。
随伴機として「DIアダガ」という機体が出撃の際に同行している。なお、Rは「リジェネス」の略。

バリエーション

DIアダカ

デスティニーインパルスRの護衛随伴機として設計された機体。デスティニーインパルスRと頭部の形状が異なり所謂モノアイガンダム風となっているが、それ以外の外見上の差異はない。
有人で戦闘を経験させることで、デスティニーインパルスRの操る高性能無人機として機能させることのできるAI「バディシステム」を搭載している。

インパルスジム

ガンダムビルドファイターズトライアイランド・ウォーズ』に登場するインパルスの改造機。ガンプラバトルチーム「北宋の壺」のサノ・ケイコが搭乗する「wktkカスタム」、シグレ・マヒルが搭乗する「マヒル仕様」の2種が存在する。
各種で頭部形状、武装、バックパックの形状が異なっており、奥の手として2体の武装とバックパックを合体させた『ザ ノーザンポッド』を使用することが可能である。

関連イラスト

特殊格闘で倒したい
ソードインパルスガンダム!



関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDDESTINY 機動戦士ガンダムSEEDMSV 機動戦士ガンダムSEEDASTRAY
カオスガンダム アビスガンダム ガイアガンダム セイバーガンダム
デスティニーガンダム
ストライクガンダム リジェネレイトガンダム
シン・アスカ ルナマリア・ホーク マーレ・ストロード コートニー・ヒエロニムス

pixivに投稿された作品 pixivで「インパルスガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 170828

コメント