ピクシブ百科事典

ストライクガンダム

すとらいくがんだむ

ストライクガンダムとは、アニメ「機動戦士ガンダムSEED」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

地球連合軍がオーブ連合首長国の企業モルゲンレーテと開発した「GAT-X」シリーズに分類される試作型モビルスーツ
ヘリオポリスで建造された機体のうち、ザフトの奪取を免れた唯一の機体である。
当初はOSの構築が完全でなかった事もあってまともな動作も出来ずにいたが、キラ・ヤマトがこの機体のOSを最適化した事で運用してみせた。しかし、この最適化でナチュラルが扱えなくなった為、なし崩し的に彼の専用機として運用されるに至った。
型式番号は「GAT-X105」。Xは試作機、105の「1」は機体の骨格であるフレームにX100番台フレームを使用しているということを示し、1の位の5は開発ナンバーを意味する。

戦局に応じて兵装を換装する「ストライカーパックシステム」が採用され、汎用性が高いのが特徴であり、機体と並行して「エール」、「ソード」、「ランチャー」の3種のストライカーパックが同時期に開発された。
これらのストライカーパック以外にも、超距離狙撃用の「ライトニング」、上述の3つのストライカーパック特性を持つ「I.W.S.P. 」など様々なバリエーションが存在する(使用頻度は、高機動型ユニットである「エールストライカー」が最も高い)。
一方で、ストライカーとの併用が前提の機体である事からストライカーパックなしの状態では武装は頭部イーゲルシュテルンとコンバットナイフ「アーマーシュナイダー」みとなり、特に射撃戦能力を著しく欠く。

各種武装・及びストライカーパック

ストライカーパックは外伝作品なども含め多数存在するが、本項ではストライクが公式設定の中で装備したことのあるものだけを紹介する。

共通装備

  • ビームライフル

本機体の主兵装。小型ながら、当時のザフトの戦艦の装甲すら一撃で射抜く威力を有する。ただし、掌のコネクターを通じて機体本体からエネルギーを供給しているため、過度の連射は本体の稼働時間の減少を引き起こす。
実際、物語序盤の戦闘経験がほぼ皆無のキラは劇中で奪われたのガンダムを相手に、焦ってビームライフルを撃ちすぎてしまい、フェイズシフトダウンを起こしている。
設定上はどのストライカーパックでも運用が可能だが、エネルギーに余裕のあるエールストライカーでの運用が望ましいとされ、実際劇中ではエールの専用装備のような扱いだった。

  • イーゲルシュテルン
頭部に備えられたCIWS。
ミサイル迎撃や牽制に用いられた。名称は独語で「ハリネズミの陣」の意。
他のGAT-Xシリーズの他、運用母艦であるアークエンジェルにも迎撃用の旋回機銃として同型の装備が搭載されている。
  • アーマーシュナイダー
腰部サイドアーマー内に格納された折りたたみ式ナイフ。
何らかの理由でストライカーパックの使用ができなくなった際や、エネルギー残量が少ない時の使用を想定されている。
小ぶりだが切れ味はなかなかのもので、劇中では見事ジンラゴゥグーンをこれを用いて撃破に成功している。
ストライク以外にも、ガンダムアストレイブルーフレームがこのナイフを装備している。
SEED本編ではあまり多用されることはなかったが、機動戦士ガンダムSEEDアストレイでは、
傭兵部隊サーペントテールの叢雲劾 が接近戦での取り回しの良さから、
ビームサーベルの代わりに好んでこれを使用している。また、シールドを嫌う彼はこれに対ビームコーティングを施した独自の改良品を使用して、刃でビームを弾くという荒業を披露している。
なお、「ガンダムSEED」の監督である福田己津央は以前に「機甲戦記ドラグナー」に参加しており、その主役機ドラグナー1型にもアーミーナイフを装備しているが、監督の神田武幸はそれを『(子供が見るアニメでは)悪のイメージ』として作中では一度も使用していないというその時の反省を活かしている。
  • アンチビームシールド
やや大型のシールドで、シールド上部には銃眼が穿たれており、また装甲表面にはビームの威力を減衰させる特殊コーティングがなされている。
劇中ではビームライフルとセットで、エール専用の武装のような扱いを受けていた。
  • グランドスラム
プラモデルオリジナルの大剣。デザインは本編でキャラクターデザインを務めた平井久司による。
1:60(パーフェクトグレード)、1:100(マスターグレード・ストライクE+IWSP)、1:144(ホビージャパン誌付録)の各スケールで立体化された。
  • バズーカ
ザフト軍の水中用MSグーンとの戦いで使用した砲撃武装。
水中ではビームライフルが使えないため、初戦は撃墜されたディンのマシンガンを奪って戦ったこともある。
ゲーム「エクストリームバーサス」の出撃ムービーでは何故かビームを発射していた。

ストライカーパック

AQM/E-X01 エールストライカー

巨大なスラスターと主翼が目を引く、ストライクがおそらく、最も使用したであろうストライカーパック。
宇宙での使用が想定されているが、その大推力と主翼の空力効果で、1G重力下でも短時間の滑空や、高いジャンプを可能とした。
追加装備はビームサーベル。二本が背中のサーベルラックにマウントされており、背中に手を回して引き抜く。
なお、エール、ソード、ランチャーの中では1番重量がある。

AQM/E-X02 ソードストライカー

自身の身長に匹敵する大剣を装備した、白兵戦用ストライカーパック。
主に対艦戦闘やMS同士の白兵戦を想定しており、パックそのものはソードのマウント機構のみと至ってシンプルな作りになっている。

  • 対艦刀 シュベルトゲベール
巨大な対艦用の剣で、ビーム刃と実体の刃を合わせ持っている。ビームサーベル部分の出力はほかのビームサーベルよりも強力で、アンチビームシールドをも切断する威力を誇る。
  • ビームブーメラン マイダスメッサー
ビームの刃を展開するブーメランで、現実世界のブーメラン同様、独特の軌道を描いて敵を撹乱する。大気圏内でも手元に戻ってくるか怪しそうな形状だが、なぜか宇宙空間でもちゃんと戻ってくる。
  • ロケットアンカー/パンツァーアイゼン
右腕の小型シールドに搭載されたロケットアンカー。

AQM/E-X03 ランチャーストライカー

砲撃戦用のストライカーパックで、重武装故に機動力は低下するが(重量はエールよりは軽いが、その重量を動かすだけの推力を持ち合わせていないために機動力が低い)、ストライカーパックの中でも屈指の大火力を誇る。
しかし主武装であるアグニのエネルギー消費量が膨大であるために、長期の作戦行動には適さないという欠点を持っている。 劇中ではアークエンジェルの上に乗ってエネルギーケーブルを接続し、半ば固定砲台のような形で運用されたこともあった。

  • 超高インパルス砲「アグニ」
スペースコロニーの外壁すら一撃で射抜く、強力なビーム砲。無論MSなどに直撃すれば一撃で破壊できる。モビルスーツの兵装としては過剰な威力ともいわれている。劇中では直撃を免れたデュエルガンダムの右腕を跡形もなく溶解させているほか、何も知らないまま初陣で発射した際には流れ弾でコロニーの外壁に風穴を穿ち、警報レベルを9から10に引き上げている。
  • コンボウエポンポッド
対艦バルカン砲とガンランチャーを搭載した、右肩部に装備される複合武装。
どちらも「敵を近づけさせないための武装」である。

AQM/E-M1(P202QX) I.W.S.P.

統合兵装ストライカーパック(Integrated Weapons Striker Pack)。今までに紹介してきた全ストライカーの能力をひとつに統合する目的で製作されたが、重量の増加による機体バランスの悪化、火器管制の複雑化、消費電力、コストなどの問題をクリアできず、お蔵入りとなった幻のストライカーパック。その後、オーブ連合首長国に流出していおり、複雑な火器管制から実戦投入が見送られている。
C.E.73年(DESTINYの時代)には連合軍側で諸々の問題がクリア、少数ながら量産され、一部のエースに供給されたという。
武装は115mmレールガン、単装砲、試製9.1m対艦刀、さらにはコンバインシールドにガトリング砲とビームブーメランを搭載した、贅沢な仕様になっている。
だが、先に言った通り重心が大きなバックパックと左腕に装備したコンバインシールドの影響で左後ろに偏るため非常に扱いづらい。

P204QX ライトニングストライカー

2003年に開催された「機動戦士ガンダムSEEDメカコンテスト」のストライクガンダムカスタマイズコンテストにおいて、一般公募の中から選ばれたデザインを再デザインしたもの。
武装は70-31式電磁加農砲(レールガン)のみだが、大型のパワーパックを搭載しており、他のストライカーパックよりも長期間の作戦行動が可能であることに加え、友軍機にエネルギーを供給することも出来る。
キラがフリーダムに乗り換えたあとにパイロットとなったムウ・ラ・フラガが運用試験を行っていたが、ある時偶発的に起こった戦闘でパックは破壊されてしまっている。
なお、元々は高機動力と重装甲による突撃戦用のストライカーとしてデザインされたものだったらしいが、そのままでは高機動力の部分がエールストライカーと被ってしまうため変更されたらしい。
後にデルタアストレイで再登場しているがやっぱり破壊されてしまった。

AQM/E-YM-1 マルチプルアサルトストライカー

エール、ソード、ランチャーの3つのストライカーパックの機能の同時運用を可能とする形態であり、通称「パーフェクトストライクガンダム」。エールユニット部分には電力不足を補うためのバッテリーが増設されている。戦闘では空になったバッテリーから順次パージすることができ、デッドウェイト化することを防いでいる。元々はガンプラのBB戦士シリーズのオマケギミックとして存在していたものだが、HDリマスター版のオーブ攻防戦においてムウ・ラ・フラガの乗機として正式に登場(本放送時はエールストライクだった)。3つのパックの装備や機動性を存分に生かし、カラミティを含む連合軍を退ける活躍を見せる。PSVita用ソフト「Battle Destiny」にも登場している。また、ガンダムEXVSシリーズにも参戦しており、ダメージを受け、残り耐久が減っていくに連れて、背面の追加バッテリーがパージされるという細かな演出が再現されている。

「ガンダム」の名称について

実はこの機体に限らず、SEEDシリーズには「ガンダム」の名称は劇中において正式な機体名としては存在しない。本機についていえば、正式な名称は単に「ストライク」である。
起動時にディスプレイに表示されたOSの頭文字「G.U.N.D.A.M」の文字を、キラが咄嗟に「ガンダム」と読んだことから彼がストライクにつけたニックネームのようなものである。
実際、本機はどの形態であっても劇中ではほとんどの人物から「ストライク」と呼ばれていた。

その他の「ガンダム」もザフト製であっても言葉遊びなのかOSの頭文字が「GUNDAM」となっており(デストロイガンダムの「G.U.N.D.Am」等こじつけ臭いものも多いが……)、俗称としての「ガンダムタイプ」は存在するらしい。

ただし商品・キャラクターとしての正確な名称は「ストライクガンダム」だったり、ややこしい話である。

バリエーション機

ストライクルージュ

カガリ・ユラ・アスハが搭乗した、オーブ製のデッドコピー。独自にMBF-02の型式番号を与えられている。
詳細はストライクルージュの項目を参照。

ストライクガンダム再生機

機動戦士ガンダムSEEDΔASTRAYなどに登場。
戦後、地球連合軍の特殊部隊「ファントムペイン」が兵器開発会社「アクタイオン・インダストリー」を中心とした連合に加担する企業の支援を得て推進したエース専用MS開発プロジェクト「アクタイオンプロジェクト」の際、データ収集のために再生産された機体。旧式化した部分にいくらか改修が施されている以外は、キラの使用したストライクとスペックはほぼ同一。ただし、PS装甲色は本来のストライクよりも若干黒味が増している。
機体はスウェン・カル・バヤンに与えられ、I.W.S.P.を装備してデータ収集の任にあたった。この機体で蓄積されたデータが、ストライクEの開発につながっていくことになる。

ストライクE

機動戦士ガンダムSEEDΔASTRAYなどに登場。再生機で得られたデータやスウェンの意見を元に改良された機体で、両肩に小型のスラスターが増設されている。
Eは「強化(Enhanced、エンハンスド)」の頭文字。
詳細はストライクEの項目を参照。

ストライクノワール

機動戦士ガンダムSEEDC.E.73STARGAZERに登場。
ストライクEが専用のノワールストライカーを搭載した状態を指す。
ノワールは仏語で「黒」の意。基調カラーも名称通り黒となっている。
詳細はストライクノワールの項目を参照。

ライゴウガンダム

機動戦士ガンダムSEEDFRAMEASTRAYSに登場。
軍事企業フジヤマ社がストライクEのデータを元に開発した機体。開発元は違うが、ストライクの兄弟機のような位置づけにある機体である。
詳細はライゴウガンダムの項目を参照。

ゲイルストライク

機動戦士ガンダムSEEDVSASTRAYに登場。
ストライクガンダムをライブラリアンの技術で改修し、C.E.73のMSの水準レベルに強化した機体。
パイロットはND-HE
詳細はゲイルストライクの項目を参照。

ビルドストライクガンダム

ガンダムビルドファイターズに登場するガンプラ。
詳細はビルドストライクガンダムの項目を参照。

ストライクの要素を受け継ぐ機体群

この機体から派生した直接の後継機はストライクE、そしてライゴウガンダムのみだが、後にザフトは本機と同様のコンセプトを持つテスタメントガンダム、そしてそれをさらに発展させたインパルスガンダムを開発している。
インパルスもまたストライクと同様のパック換装システム『シルエット』を搭載しており、その内容も高機動・砲・剣と、ザフト製ストライカーと言える内容である。

また、ストライカーパックの有用性は両軍にかなり大きく評価されたらしく、地球連合ではヤキン・ドゥーエ戦役における主力量産機ストライクダガーの量産と並行して『真の意味でのストライクの量産機』105ダガーダガーLにストライカーパック装着機能を搭載。
その後もウィンダムをはじめとする量産MSなどにストライカーパックシステムを全面的に採用、結果ストライカーパックは後の時代では非常にポピュラーな装備となるに至った。

ザフトもまた次世代型の量産機ザクシリーズに、ストライカーパックに酷似した武装パック『ウィザード』を換装して戦局に対応する『ウィザードシステム』を採用。
また、前時代の機体であるバクゥにウィザード対応化改修を施して戦力として引き続き運用する試みも行った。また、三隻同盟がザフトから設計図を強奪し建造したドムトルーパーも元がザフト製なため、背中にウィザードのコネクターが存在し、装備に対する互換性を有する。

ゲームなどの他作品では

「機動戦士ガンダムSEED」の主人公の機体である事から、フリーダムガンダム同様、「機動戦士ガンダムSEED」が参戦するさまざまな作品に登場している。作品によってストライカーパックの仕様が異なり、戦闘中にストライカーパックを換装出来るものもあれば、出撃する際にストライカーパックを選択(場合によっては上記のパックなし版、バズーカ装備版も使用できる)して、以降はそれを使用し続けるという方式がとられることも在る。
前者の仕様はガンダムEXVSシリーズ(こちらは一定時間だけI.W.S.P.も使用できる)でこの方式が取られ、後者の仕様はGジェネレーションシリーズやスーパーロボット大戦シリーズ等のシミュレーションゲームで多く見られる。

ガンプラでは

ガンプラ等ではコネクター部分の規格が合っていれば別売りのストライカーパックを換装できるため、これによって初心者でも簡単に組み換えが出来る。キットによっては、各種ストライカーパックとストライク本体をセットにしたものや、スカイグラスパー(ストライカーパックを使用できる戦闘機)に、別売りのストライクガンダムで使用できるストライカーパックが収録されていることもある。
規格さえ合えばストライク以外に同様の機構を持つものと組み換えができてしまう。
これを利用してオリジナルのストライカーパックを自作する人もおり、ガンダムビルドファイターズAでは少年時代のサツキ・トオルが自作のストライカーパック(ガンダムDXツインサテライトキャノンアルトロンガンダムドラゴンハングなど他のMSの装備を移植したものが多い)とマーキュリーレヴを装備したストライクを愛機としている。

関連イラスト

ストライクガンダム
俺のラブレター黒板に貼ったヤツ、殺すっっっ!!



関連項目

機動戦士ガンダムSEED ストライカーパックシステム
キラ・ヤマト ムウ・ラ・フラガ
アストレイ アカツキガンダム ガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「ストライクガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 367743

コメント