ピクシブ百科事典

ベロクロン

べろくろん

ベロクロンは、『ウルトラマンA』などに登場する超獣である。
目次[非表示]

A48話に登場したベロクロン二世、タロウに登場した改造ベロクロンについては、ベロクロン二世を参照。

データ(初代)

別名:ミサイル超獣
身長:55m
体重:44,440t

第5のウルトラマン。エース!


異次元人ヤプールが送り込んだ地球侵略用超獣第1号。ヤプールの超獣製造機で宇宙怪獣珊瑚が合体した超獣
からは敵の動きを止める「テリブルハンドリング」や、金縛り光線及び型の光弾「テリブルスラッシュ」を放射し、口からは一億度の火炎を吐く。また、全身に見られる突起物はミサイルロケット弾の発射口になっている。口内にも2連装のミサイルランチャーを装備。更に唾液)は強酸性であり、ビルなども易々と変質させる。まさに「全身武器」の超獣。

最初に出現した福山市地球防衛軍戦闘機隊を全滅させた。その後東京に現れ東京タワーをへし折るなど破壊の限りを尽くすが、口にAのパンチレーザーを受けてミサイルと火炎を封じられ、最後はメタリウム光線で倒された。誘爆しなかっただけもうけもんである。

ウルトラマンメビウス

ミサイル超獣ベロクロン


別名:ミサイル超獣
身長・体重:初代と同じ。
Aに登場したベロクロンの別個体。ドキュメントTACとドキュメントZATに出現記録が残されている。
外見は初代とほぼ同一だが、鼻先のと足の藍色から金色に変わっている。全身の赤い突起物から無数の小型ミサイルを、口の中に隠し持った砲門からは強力な大型ミサイルと火炎を放つ。
ヤプール怨念に従い、異次元のゲートを開いて地上に巨大なヤプールエネルギーを解き放つのをサポートするため出現。一度はGUYSのリージョン・リストリクターによって次元の扉を閉じられるも、一発のみ通過したミサイルによってサコミズ隊長に重傷を負わせる。
その後GUYSの予想を上回る早さで再出現。ヤプールの大攻勢の第一陣として市街地に向けて進撃した。その圧倒的な火力によってGUYSの戦闘機群を苦しめ、巨大異次元ゲート封印のために飛翔したフェニックスネストも打ち落とそうとしたが、メビウスの妨害で失敗。最期は、ガンフェニックストライカーの「インビンシブル・フェニックス」とメビウスのメビュームシュートの連続攻撃を受けて爆死した。

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

ミサイル超獣ベロクロン


別名:ミサイル超獣
身長・体重:初代と同じ。
ヴィンセント島の結界を破って上陸しゴモラと対決する。途中ドラゴリーが援軍として現れ、さらにゴモラの援軍としてエレキングも現れたために2対2の戦いに突入。得意のミサイル攻撃でゴモラを追い詰めるが、ZAPの攻撃で口のミサイル発射口を破壊され、最期は超振動波を受けて倒された。

大怪獣バトルウルトラアドベンチャー

漫画大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』ではナックル星人と手を組んだヤプールが、敵対するペダン星人全滅させるために送り込んだ超獣軍団の一体として登場。
ミサイル攻撃でペダン軍のキングジョーブラックをそこそこ苦戦させるもそれ以降どのコマにも登場せず、最終的にヤプールは超獣を見捨てて全員逃走したため、EXタイラントが落とした隕石によって発生したマグマオーシャンに飲み込まれたと思われる。

ウルトラ銀河伝説

映画『ウルトラ銀河伝説』ではウルトラマンベリアルの百体モンスロードにより復活し、ウルトラ戦士を迎え撃った。しかしウルトラマンゼロゼロスラッガーを受けてあっけなく爆発四散してしまう。

怪獣兵器ベロクロン

映画ウルトラマンサーガ』では、バット星人によって改造された怪獣兵器としてアントラーキングパンドンブラックキングタイラントと共に登場。
他の怪獣は過去にウルトラマンを付けた怪獣だが、ベロクロンはそうでもないような…と突っ込むのは野暮である。
最期はウルトラマンエースのメタリウム光線を受けて吹き飛んだ。
なお、このシーンは劇場版ではカットされ、『ウルトラマン列伝』にて放送された。

ウルトラマンギンガS

ガッツ星人ボルストチブルスパークを使用してモンスライブし、自身の分身体がライブしたドラゴリーと共に出現した。
ウルトラマンビクトリーをドラゴリーとのコンビネーション攻撃で圧倒し、ドラゴリーがビクトリーをで倒すと撤退。再び出現したときはウルトラマンギンガストリウムと戦い、これもドラゴリーとのコンビで追い詰め、UPGのハイパーレーザーも分身することで回避した。そこへ疲労している体に鞭うち地上に現れたシェパードンを新たな標的にし、ビクトリーを庇ったシェパードンに逆上。ミサイル攻撃でシェパードンを殺してしまう。
しかし最後はシェパードンのが作ったシェパードンセイバーによる攻撃で逆転。ギンガのギンガスパークランスでドラゴリー共々串刺しになり、シェパードンセイバーフラッシュでまとめて倒された。

ウルトラファイトビクトリー

ギンガ・ビクトリーに倒された後ダークルギエルの死によって肉体を取り戻したベロクロンが、再び造物主であるヤプールの配下となったもの。
同じく蘇ったバキシムドラゴリーと共に惑星グアにてウルトラマンレオアストラ兄弟を迎え撃つ。
途中から戦う相手を合流したウルトラマンエースに変更し、ミサイルで迎え撃ったがかわされ、バーチカルギロチンで真っ二つにされ爆発した。

プラズマ怪獣

大怪獣ラッシュではプラズマ怪獣として登場。全方位に無数のミサイルを放ち辺り一帯を消し飛ばすその圧倒的な火力から「歩く火薬庫」の異名を持つ。
アニメでは弾幕でラッシュハンターズを追い詰めるが、覚醒したマグママスター・マグナに口から発射したミサイルを逆に投げ返されて丸呑みしてしまい、自爆。ラッシュハンターズは間一髪脱出成功したものの、誘爆に誘爆を重ねた挙句、惑星そのものを丸ごと爆発四散させてしまった。しかし、その影響で伝説のプラズマ怪獣が目覚めることになる。

登場したウルトラシリーズ及び話数

ウルトラマンA
第1話「輝け!ウルトラ五兄弟」(初代)

ウルトラマンメビウス
第26話「明日への飛翔」

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル
第11話「ウルトラマン」

ウルトラマンギンガS
第10話「未来への聖剣」

関連タグ

ウルトラマンA 超獣
ベロクロン二世 ヤプール
原爆ドーム 没シーンとして、ベロクロンがこれを攻撃するシーンがあり当時のスチール写真も残っている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ベロクロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56668

コメント