ピクシブ百科事典

奈良シカマル

ならしかまる

奈良シカマルとは、『NARUTO』の登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

忍者登録番号012611
誕生日9月22日
星座おとめ座
血液型AB型
身長150.8cm(12歳)→152.1cm→170cm(16歳)
体重42kg(12歳)→42.9kg→53.4kg(16歳)
好きな食べ物サバの味噌煮、酢こんぶ
嫌いな食べ物かたゆでたまご
性格冷静、めんどくさがり
戦ってみたい相手面倒くさいから無し
好きな言葉日々是平穏なり
趣味昼寝、将棋


概要

CV:森久保祥太郎
自他ともに認める程のめんどくさがりで、口癖は「めんどくせえ」
趣味は昼寝であり、師である猿飛アスマには「ゆっくりと時が過ぎるのを楽しむことを知ってるジジイみたいな楽しみ方をする奴でね」と言われる通り、なんとものんびりとしたキャラクターである。
しかし、IQテストでは200以上という驚異の点数を叩きだし、作中でもトップクラスの頭脳の持ち主である。ヤル気のない態度とは裏腹に中忍選抜試験においては、戦況を把握する洞察力や得た情報を処理する解析力、そして常に冷静な判断を下すことが出来る能力が買われ、主要キャラで最も早く中忍に昇格したキャラである。

特に、第三の試験本選で砂のテマリと対戦した際には、相手の裏の裏を読み死角から影でしばりつけることに成功するも、追い詰めるまでにチャクラを使い過ぎてしまったため、最終的には自ら「ギブアップ」と宣言した。だが、窮地に立たされた場合、冷静に引き返すことができる状況判断力、そして生き残ることを第一に考えた行動は小隊としてのリーダーの資質があると評価された。


主な使用忍術には、奈良家に代々伝わる影忍術で「影真似の術」「影首縛りの術」「影縫いの術」などがある。
奈良家ではこれらの影忍術を用いて鹿を捕獲していた。

所属の班は猿飛アスマ率いる第10班。各自の能力を活かした連係プレイを得意とし、チームメイトには山中いの秋道チョウジがいる。花札になぞらえたコンビネーション猪鹿蝶は木ノ葉の名家である山中一族・奈良一族・秋道一族の伝統的な技であり、この三つの一族は結束を強めるため猿飛一族から耳飾りを託され、下忍から中忍に上がるまでは、三人もそれに習って揃いの輪状ピアスをしている。後に、全員が中忍へ昇格した祝いとしてアスマから貰った球状のピアスに付け替えている。


趣味である将棋の腕前はかなり強く、アスマも彼と何回も対戦した事があるが、一度も勝った事がないらしい。父親にはよく負かされている様子。



中忍試験以降はテマリと一緒になる機会が数回あり、どうやら腐れ縁のような関係となっているようである。
ちなみに二部の初回で、木ノ葉の里で行われる中忍試験の担当となったテマリ(上忍)とその案内人に任命された彼が共に歩いていたとき、帰って来たナルトと遭遇しデートかと聞かれたが、彼自身はさらりと否定し、テマリに至っては鼻で笑われた。


師の猿飛アスマ飛段角都によって殺された後、仇を討つまでの間だけアスマのトレードマークでもあった煙草を吸うシーンがある(アニメでは未成年の喫煙シーンに規制がかかり喫煙シーンは一切無い)
そして形見であるチャクラ刀を受け継ぎ元10班であるいの・チョウジ、アスマの代わりにフォーマンセルの一人となったカカシと共に飛段角都の元へ再び向かうこととなる。アスマの残した情報を元に策を講じ、最後は奈良一族の者しか踏み入ることが出来ない森で飛段を生き埋めにした。里へ戻るとアスマの墓前で彼の恋人である夕日紅に、二人の間に産まれてくる子の師となることを誓う。


影ながらナルトの身を案じていた数少ない人物で、木ノ葉の住民が彼を迫害することに疑問視していた。

シカマル秘伝では、第四次忍界対戦から二年後のシカマルから見た周りの変化が書かれている。
シカマルは忍連合にはなくてはならない存在になっている。
各国の大名や民からもたらされる仕事の依頼をAからDランクに分け、各郷の特徴を鑑みて、適当な里に割り当てる作業、主要大五国間の様々な交渉ごとの接衝。さらには老いた土影の将棋相手までこなしているという。
そういった事情からか忍連合に木の葉隠れのシカマルありと言う者もいるらしい。


最終話では七代目火影に就任したナルトの側近を務めている。
テマリとも結婚しており、シカダイという息子がいる。

関連イラスト

シカマル
失くしたものと背負ったもの。


シカマル



関連タグ

NARUTO 木ノ葉隠れ 10班
猿飛アスマ 山中いの 秋道チョウジ

pixivに投稿された作品 pixivで「奈良シカマル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8459243

コメント