ピクシブ百科事典

更木剣八

ざらきけんぱち

更木剣八とは、漫画「BLEACH」に登場するキャラクターである。護廷十三隊の十一番隊隊長。
目次[非表示]

「今はこの戦いを楽しもうぜ!!」

「てめえの勝ちだ バカ野郎。」

概要

CV:立木文彦

身長:202cm
体重:108kg(後に発行されたオフィシャルキャラクターブックでは90kg)
誕生日:11月19日

人物像

流魂街で最も治安が悪い北流魂街80地区「更木」出身。その地名を姓とし、代々最強の死神に与えられる称号「剣八(幾度切り殺されても絶対に倒れないという意味)」を自ら名乗った。右目に眼帯、顔の左側には大きな傷があり、髪の毛は11本に束ねてあり1つ1つのまとまりに1個ずつが編み込まれている。死覇装はいつもボロボロで羽裏色は滅紫(けしむらさき)、羽織は袖のないタイプ。

入隊試験を受けず、前十一番隊隊長を決闘で殺害して、いきなり隊長の地位に就いた実力者(決闘で倒すこと自体は隊規にも定められた正式な隊長選出方法である)。風貌・言動共に荒々しく、圧倒的な威圧感を持って十三隊最強の戦闘部隊を率いている。しかし一方で部下思いな面もあり、涅マユリ斑目一角を手に掛けようとしたとき、それを庇ったりしている。大義や正義とはかけ離れた位置にいる性格のため、東仙要からは忌み嫌われている。朽木白哉とは仲が良くない。

髪は自分でセットしており、髪は石鹸で洗っている(『カラブリ+』より)。そのためいつもパリパリの状態である。綾瀬川弓親がやりたいと言っても気持ち悪いのでやらせない。アニメ版の「死神図鑑ゴールデン」では、この髪の鈴をつけるのに3時間以上掛かるという。雀部長次郎から勧められたトリートメントで髪がサラサラになり、いくらセットしてもトゲがシナシナになって苦悩した経験がある。それから雀部のことが少し嫌いになったらしい。

嫌いな食べ物は納豆(糸が切れず、いつまで経っても食べられないから)。また、尸魂界での争乱後を描いた小説『BLEACH THE HONEY DISH RHAPSODY』ではカレーライスの匂いについて「鼻が馬鹿になりそうだ」と言っていた。

また山本総隊長などをはじめ、目上の人に対する思いやりなどは一切ないが、アニメの特別編で卯ノ花烈隊長とにらみ合った結果、自身から手を引いた出来事があった。 (Wikipedia参照)
かつて卯ノ花烈が卯ノ花八千流であったときに戦っている。

斬魄刀は始解しているものの、卍解に至っておらず、隊長格の資格である『斬魄刀の卍解』を経ずして隊長となっている異例の死神。
当人も斬魄刀を卍解させる気はないが、一護に倒されてから一度だけ卍解を試みようと斬魄刀と向き合ったことがある。
その実力はケタはずれであり、特に霊圧に関しては護廷十三隊隊長内でも屈指の大きさを誇る。
常に片手で刀を振るい、本能的な戦闘スタイルと相まってその攻撃は実に野性的だが一撃必中の理にかなった荒々しいもの。
「強者追求思考」の持ち主であり、常に強い相手との戦いを望む戦闘狂の部分を持つ。
眼帯は自身の霊圧を抑制するためのリミッター(正確には常に霊圧を食い続ける呪物)であり、本気を出すときはこの眼帯を取る。

ジャンプ作品の登場人物としても異例の存在で、作中の攻撃がよりド派手にエスカレートしていく中で、元からのスペックのみで正攻法で相手を正面から打ち倒すという離れ業(?)を達成している。
例)

  • 視覚と嗅覚と聴覚を奪われた → 相手が攻撃してくれば絶対自分に触れるので分かる
  • 鉄壁の装甲! → 慣れた
  • は四本腕で武器の達人?! → 剣は両手で使った方が強い
・・・なんなんだアンタ

一護に一度は敗北しながらもそのときの一護よりはるかに強い敵に勝利している理由は剣八のあまりの強さにある。剣八の本来の実力は作中で戦った敵のほとんどを瞬殺できるほどに圧倒的なものだが、何よりも戦闘を楽しみたい剣八は本能的に敵に合わせて霊圧に枷をかけ、実力を調整しているのである。(眼帯はさらに細かく実力を調整するためのもの)
そのため戦いの中成長した一護相手に実力の調整を誤り敗北し、ノイトラの鋼皮に対しても改めて調節を行うことで破ったのである。これは生まれてからあらゆる敵を実力を出すまでもなく殺していた剣八が卯ノ花八千流との戦いで本気で戦う楽しさを知ってしまったためである。
小説『BLEACH Spirits_are_forever_with_you』においてシエン・グランツ痣城剣八との戦いで霊圧を全開近くまで解放した際は、余りの強大さに痣城剣八がその圧倒的差に霊圧を感知することすらできず霊圧だけで物質を破壊した。
なお、この小説版において藍染惣右介は『井上織姫の最大の効果は更木剣八を虚圏に隔離できた事』だと語っており、『隊長格の中で真に障害になると判断したのは山本元柳斎重國と更木剣八の二人だ。
特に更木剣八とは、崩玉の力を覚醒させ不滅の肉体を得るまでは闘うべきではないと判断した』とまで言わしめている。
・・・主人公涙目である。

オマケに未だに卍解を残しているため、どこまで強さが上がるのか皆目見当のつかない、まさにバケモノ級の存在である。

576話で斬魄刀の名前が判明。さらに557話で遂に始解が行われた。
始解は『野晒』(のざらし)
解号は「呑め」
今まで始解だとされていたのは、やはり封印状態だったらしく、始解と共に形状も変化した。

そして661話ではついに卍解までに至った
しかし、まだ自分で制御するのではなく彼の斬魄刀(?)に力を解放してもらって発動する異例の形を取る。卍解の名前は明らかになっていないが、肌が赤く変色し、鬼のような形相になり、自我まで失う危険な能力であり、斬魄刀(?)の方が力の解放度を間違えた際には剣八の右腕が耐えられずに引きちぎれるという、異常事態まで起きた。

意外にも、最終回の時点で最も同じ役職を続けている現役の隊長である。更木よりも在任歴の長い隊士は何人もいるが、途中で人事異動になってしまったり(※)、仮面の軍勢となって一時的に失職していたり、他も更木よりも後に隊長に就任した者がほとんどである。
ルキア奪還編で裏切った藍染、市丸、東仙も更木よりも後に就任した隊長である。

※総隊長に任命された京楽春水。所属する隊に拘らず、単に隊長職の在任歴だけ言えば京楽が最長となる。

関連イラスト

けんぱちとやちる
意外に苦労人?


呑め 『野晒』
オジブリ2



関連タグ

BLEACH 十一番隊 草鹿やちる 卯ノ花烈

pixivに投稿された作品 pixivで「更木剣八」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1204500

コメント