ピクシブ百科事典

死語

しご

(1)使う人がいなくなって無くなった言語。(2)廃語。

死語とは、以下のいずれかの意味。

  1. 死語:使う人がいなくなり、なくなっていった言葉。サンスクリット語・リアルな若年層の女子に於ける女性語など。
  2. 廃語(はいご):昔はよく使われたが、今は使われなくなった言葉。一般的に死語と呼ばれることが多い。

2.の例

「ナウなヤングにバカウケ」「チョベリバ」(今でも使う人はいる)
2ch語
「逝ってよし」「キボンヌ」(今でも(ry)


コピペ

「高菜、パックンチョ(死語)してしまったんですか!!!!????」

多分、僕の口の周りにちょっち(死語)唐辛子の味噌がついていたのだろう。
はい、モチのロン(死語)食べました。グラッチェグラッチェ(死語)。と答えた。すると、
「うちの店は初めてでせうか?(死語)
 (答える間もなく)何故高菜を食べたのですか?
 スープをゴクリンチョ(死語)する前に何故高菜をゲッツ(死語)したのですか?
 チョンボ(死語)じゃないですか。
 まずスープをというルールがあるじゃないですか!」
と18センチのまま一気にハッスル(死語)しながら、持ってきた支那そば(死語)を手放さずにこう言った。

「これをお出しすることは出来ま千円(死語)。マナーに反する困ったちゃん(死語)はドロン(死語)してください」
くりびつてんぎょう(死語)した。
「だってここに高菜が置いてあるから、ハラヘリコプター(死語)だったから食べました。
 じゃあ、今からレスカ(死語)をめちゃんこ(死語)飲みますよ。で、口の中を洗いますよ。
 それでもさよオナラ(死語)なんですか?」
と訊ねたら、また同じことを言われた。

ガンブロンな長男(死語)を見たら、長男は「冗談はよし子さん(死語)」という顔で奥でもじもじしている。
そっか、わかった。次はハゲチャビン(死語)な旦那さんだ。
3秒ほどドッチラケ(死語)な表情で見詰めたら、反応があった。

「やっこさん(死語)はトルコ風呂(死語)に行きますか? チョメチョメ(死語)って知ってますか?
 トルコ風呂(死語)に行く前にニャンニャン(死語)しますか?   
 そういうことです。そんな神経のパープリン(死語)に食べてもらってはまいっちんぐ(死語)」
 ここでまた奥さんがかまし始める。
「うちは看板も出さずに必死にガンバルンバ(死語)しているのですよ。
 スープを認めてくれないなら、チョベリバ(死語)なんですよ。

pixivに投稿された作品 pixivで「死語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 676339

コメント