ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

遊星からの物体Xの登場人物の一人、パーマーがモンスター『スパイダーヘッド』を見つけた際に呟いた台詞。


セリフが使われた状況

心停止に陥った地球物理学者ヴァンス・ノリスに対してドクター・コッパーは電気ショックによる蘇生を試みていた。

しかし次の瞬間、ノリスの腹が巨大な口に変化してコッパーの両腕を食いちぎった。

そのまま異形のクリーチャーに変貌していくノリス。

ノリス・モンスター

主人公マクレディの火炎放射器により直ちに焼却され、人間だったとは思えない悲鳴を上げて悶え苦しむノリスだが、業火の中で自らの首を引きちぎって分離、舌を伸ばして机の下に移動して隠れていた。

それに気づかず、クリーチャーが沈黙したのを確認して消火器を浴びせる一行。

その白煙の中で密かに変形していくノリス。

遊星からの物体X午後ロード記念

逆さまになった生首から蜘蛛のような6本の足が生え、カタツムリのような目の付いた触手を生やしたその姿は、生物としての常識を完全に捨て去っていた。


一行がクリーチャーの残骸に気を取られている隙にそそくさと退散しようとする姿は、客観的に見ればシュールではあるが当事者にとっては笑い事ではなく、真っ先に見つけたパーマーは驚愕を通り越して呆れ返ったような口調で「一体何の冗談だ?」と呟くのだった。


ちなみにこの台詞は、ユニバーサル思い出の復刻版のDVD・BDにも収録されているTV放映版の吹替では「こんなバカな事があっても良いのかい!?」と訳されている。

関連記事

親記事

遊星からの物体X ゆうせいからのぶったいえっくす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 206329

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました