ピクシブ百科事典

死に神の手

おまえさんのしにかたは

黒いネタバレに注意。
目次[非表示]

概要

2010年04月16日にニコニコ動画へ投稿された、小雨大豆と酔狂倶楽部制作【酔狂文庫:【ショートショート・番外】死に神の手】内のショート動画「死神の手」のネタバレ。

真っ黒な世界から覚めた彼女のネタバレ注意。



































死神の手(ネタバレ)



死神さんと「わたし」の間に契約が結ばれた。
殺し約束人殺し契約
もちろんターゲットは…



白い病室ベッドの上で点滴に繋がれた人物
白い患者衣を着た少女である…
この「わたし」だった。


「わたし」の病気はとっても希な心臓の病気で、この難しい病気を治せる先生がドコにもいないという。
だからこの病室が「わたし」を生かしてくれる唯一の世界。


お母さんが「わたし」を叱るのは、

「わたし」が生まれてこなければ良かったのにね。

と、自分のが言うと

そんな事を言うんじゃありません。

と、を流して彼女は「わたし」を叱ってくれた。

お父さんはお金の話しをするのは、

この前宝くじで一等を当てたんだ。だからおまえはお金の事など気にぜずにゆっくり養生なさい。

と、いつも自分のに言う。だけど、彼のつくは下手だから「わたし」はすぐに分かっていた。


「わたし」のお父さんも、お母さんも。先生看護師さんも、皆がみんな「わたし」に優しい嘘をついてくれる。


「わたし」のために、
「わたし」を思って…

だから「わたし」はこの世界がキライだった。
こんなにも優しい人達に溢れた世界を「わたし」一人が台無しにしているから。



「わたし」の話を全て聞いた死神さんは、

それならば仕方ない。

と、冷たく言った。


どういう風に死にたいんだい。


と「わたし」に訪ねると、

出来る限り痛くないのがいい。

と答えた。すると死神さん

良いだろう。

そう短く言うと、死神さん黒いカバンから注射器を取り出し、「わたし」の体に注射した。


ゆっくりと、ゆっくりと「わたし」の意識がに飲まれていく。ぼやけていく視界の中、最後に死神さん笑みを浮かべてこう言った。























ならお前さんの死に方は…
老衰に決定だ。

























「わたし」が目を覚ますと、そこはいつもの病室だった。

「わたし」は死神さんに殺されたハズなのに

と、きょとんとした表情で少女は不思議に思った
傍らには「わたし」のお父さんとお母さんがいて、泣きながら教えてくれた。

「わたし」の病気は死神さん手術で治してくれたという。
先生が『まさか本当にあの手術を出来るがいるなんて』と驚いていた。

「わたし」はその話を聞いて、先生は可笑しな事を言うもんだと笑った。。

「わたし」にとってあの人は『』ではなかった。

あの人は「わたし」が呼んだ…




神様だ。






















こうして「わたし」がインターネットで呼んだ死神の【キリコさん】の代わりにやって来た【名前の知らない死神さん】の手によって、難病を患っていた少女は新しい人生を歩める事となった。

真っ白な世界から一歩を踏み出した「わたし」は…

もう一度あの死神さんに会えないかな。

と願った。


真っ黒で、お顔にキズがある優しい死神さん

関連タグ

退院 お医者さん


こんな話をってるかな?


おじさんが笑いで病気を治すおかしなお話。
面白いおじさんが演じた本当にあったお話で、今でも色んな人病気の人に笑い届けてるんだって。

不思議なお兄さん先生のお話。
このお兄ちゃん話し方とか普通の人と違うけど、頭が良くて優しくて、子ども達の病気を治すのがなんだって。すごいね。

若い頃の死神さんのお話。
若い頃でも死神さんスゴイ事辛い事をいっぱい経験してきたんだね。

ある頃の死神さんのお話。
死神さん奥さん一緒死神さん先生について調べるに出たんだね。。

コメント