ピクシブ百科事典

発言捏造

はつげんねつぞう

発言捏造とは、マスコミ・メディアが特定の人物・団体の印象を貶めるため、その人物・所属者の発言を歪めて報道することである。
目次[非表示]

概要

 規模の大小を問わずマスコミメディア、あるいは対立する組織団体等が、特定の人物団体印象を貶める( 印象操作 )ことや、自らの主張を補強する、あるいは単に注目を集めたいがため、その人物や団体の所属者の発言の一部だけをくり抜くことや、不適切な要約、あるいはまったくそのような発言を行っていないにもかかわらず行ったとして報道したりすることである。
 これは偏向報道、場合によっては誤報の一種であるとされ、これらが原因となり激しい風評被害を受け人生を狂わされた人物も存在している。
 被害者は政治家芸能人などの有名人が多い。また、日本固有の問題というわけでもなく、海外においてもその事例が存在する。

主な被害の例

 ここでは主な例を挙げる。なお、このほかにも複数の「発言の一部切り取り」や「雑に発言をまとめた」、あるいは「そんなこといってない」事例が存在する。
 もし「別の事例を知っている」という場合、記事に追記をお願いします。

石田純一

報道「不倫は文化」
実際の発言「文化や芸術といったものが不倫から生まれることもある」
不倫交際を記者に非難された際に軽いジョークで反論したものを、マスコミ・メディアが一部を切り出し報道したことにより大騒動になってしまったもので、比べれば解るように意味は全くことなる。

GACKT

報道韓国メディアが「GACKTの独島発言が話題『独島は韓国の地』」
実際の発言twitterにおいて東日本大震災の話題に関してつぶやいていたが、あるユーザーハングル「独島は韓国の地」と発言したのをおそらく内容を読まずにリツイートした。すなわち発言自体が存在しない
※参照:ナリナリドットコムGACKTが発言ねつ造問題に言及「領土について発言したことはない」。

古舘伊知郎

報道テレビはウソしか伝えていない
実際の発言「世の中ってうそ八百で成り立ってるし、ホントのところは新聞も雑誌もテレビも伝えないし、たまに言外に漂わせたり、におわせたり、スクープで追及したりってことはあっても、ほとんどがお約束で成り立ってるわけですね。プロレスですよ、世の中。完全にプロレスです」
※そう捉えられる旨の発言なのだが、極端にまとめられたことが原因で間違った用法に使われる発言のひとつ。

平坂読

報道「頭空っぽのガキがよく『ラノベはイラストのおかげで売れてる』とか言ってるけど馬鹿なのかね。それだったらイラストレーターの画集はもっと売れてるはずじゃねえのかよ」Twitter上でつぶやいたとされる。
実際:そのような発言はしていない。発言をしたとされる時間はTitter自体が非公開だった。元ねたは2ちゃんねるなんJソースのない書き込みだった。
※電子掲示板への書き込みだけで終わったら何ということはなかったが、まとめブログがこれを真実として取り上げたため拡散、先生はまとめブログのひとつに対し訴訟を検討。

百田尚樹

1

報道「九条信者を前線に送り出せ」
実際の発言「すごくいいことを思いついた! もし他国が日本に攻めてきたら、9条教の信者を前線に送り出す。そして他国の軍隊の前に立ち、『こっちには9条があるぞ! 立ち去れ』と叫んでもらう。もし、9条の威力が本物なら、そこで戦争は終わる。世界は奇跡を目の当たりにして、人類の歴史は変わる」
憲法9条を護持しようと必死な人々に対し、「彼らが信じるように本当に9条の力によって日本が守られていたのなら、実際に戦争が起こったとき( もしくは起こりそうなとき )に彼らに戦争を食い止めてもらえば良い」というたとえ話を使った皮肉であり、実際に戦争が起こった際に九条信者を前線で殺せという意図は全く無い。詳細:デイリー新潮百田尚樹氏「九条信者を前線に送り出せ」 “放言”の真意は

2

報道「日教組は日本のガン」
実際の発言「日教組は長年にわたって、自虐史観にもとづく教育をこどもたちに行ってきました。日教組の強いある県では(注:発言した講演では県の名前を言っている)、教員たちに配る指導要網に、日本人が戦争でいかに悪いことをしてきたかを教えると書かれていました。そして南京大虐殺や従軍慰安婦を強制連行したという中韓の捏造歴史をこどもたちに教えた後、彼らに感想を書かせたのです。私はその感想を目にしたある記者からそれを聞きました。こどもたちの感想は、『日本という国はひどい国だ』『日本人であることが恥ずかしい』『祖父たちは最低だ』というものばかりだったといいます。たしかに戦争における悪を教えるのも大切です。しかし、そういう暗黒史はもっといろんな知識を身に付けてから教えれば良い。純粋無垢な小学生にまず教えなくてはいけないのは、日本という国は素晴らしい国であった。自分たちは素晴らしい民族であったということだと思います。日本人でいるのが恥ずかしいと思わせる教育は間違っています。そういう教育を受けたこどもが、誇りある人間、立派な大人に育つとは思えません。私は日本人であることが恥ずかしいと思わせるような教育を推し進める日教組は日本のガンだと思っています」(会場、大拍手)
※この発言は、2014年6月に静岡市で行われた自身の講演で百田氏が語ったもので、講演の最後にあった質疑応答において、会場の人から「日教組についてどう思いますか?」という質問があり、その質問の答えである上述の実際の発言を会場にいた共同通信社の記者が配信したため、多くの新聞社が発言の中の一部のみを取り上げて批判的に書いたために歪んで広まったのである。余談だがこの日教組についての質問は、講演の内容には全く関係の無い質問であり、百田氏は失言を引き出すための質問だったのではないかと、後述した自身のエッセイで語っている。

また、百田氏が受けた発言捏造はこの他にも数多くあり、本人曰くそれら全てを語り出すときりがないらしい。その中で全国紙に載せられた有名なものは、自身のエッセイである『大放言』に、自身の批判と共に掲載している。

石原慎太郎

1

報道「津波をうまく利用して我欲を洗い落とす必要があるね。積年たまった心の垢をね。」「これはやっぱり天罰だと思う。」
実際の発言「我欲に縛られ政治もポピュリズムでやっている。それが一気に押し流されて、この津波をうまく利用してだね、我欲を一回洗い落とす必要がある。積年たまった日本人の心のあかをね。これはやっぱり天罰だと思う。被災者の方々、かわいそうですよ」
天罰の対象は被災者ではなく、戦後に物質的な豊かさばかりを求め、精神的な豊かさを失い、「自国の事情や政治に無関心になった現代日本人に天が怒り、震災という形で天罰を下したのだろう」という“現代日本人に対する天の戒め”という旨の発言であり、決して津波などの震災を喜んでいるような発言ではない。ただしお前が言うなといわれかねない人物の発言であったため風当たりも大きかった。

2

報道「私は日韓併合を100%正当化するつもりだ」
実際の発言「私は日韓併合を100%正当化するつもりはない。彼らの感情からすれば、そりゃやっぱり忌々しいし、屈辱でもありましょう」
TBSサンデーモーニングやらかした。逆の意味にとられる発言である。この件に関しては後に謝罪しているものの、ネットスラングでは(tbsという表現がはやったとされる。詳細:wikipedia:石原発言捏造テロップ事件

安倍晋三

報道「選挙のためだったら何でもする」
実際「先般、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際、日米は従来よりも増して緊密にしっかりと連携して対応することができました」「日本を守るためにお互いが助け合うことができる同盟は、その絆を間違いなく強くしたんです。この平和安全法制を、民主党は共産党とともに廃止しようとしています。みなさまご承知のように、共産党の目標というのは自衛隊の解散、日米安保条約の破棄であります。その共産党と手を組んで、民主党が平和安全法制を廃止したら、せっかく国民を守るために強化されたこの日米同盟の絆は、大きく損なわれてしまうんです」「損なわれたあと、抑止力が大切だとは知らなかった。そう言ってもそれは後の祭りであります。あの時よりも、はるかにはるかにはるかに大きなダメージを受けることになります。選挙のためだったら何でもする。誰とも組む。こんな無責任な勢力に私たちはみなさん、負けるわけにはいかないんです」
※つまり「なんでもする」のは自らが率いる自由民主党ではなく主張が異なるにもかかわらず選挙協力をしようとする民主党日本共産党などの対立勢力。この件に関して一応日本テレビは訂正をしているものの。

「選挙の為だったら何でもする(「ような」が無く不自然)
野党に負けるわけにはいかない」

と、誤解を与えるような悪質な改行のテロップで訂正と称する偏向報道を行い、その後一切この事に触れなくなった。
メディアが反省する日は来ない。

アンゲラ・メルケルあるいは岡田克也

報道アンゲラ・メルケル首相岡田克也民主党代表と対談、その際「日韓は価値を共有している。和解を進めることが重要ではないか」と指摘したとされる。
実際の状況:その後、ドイツ政府よりその発言を否定する内容が出された。これにより民主党は党の立場として発言があったが、明示的に日本政府に対して解決を呼びかけたものではないという見解を発表。この件に関してはどちらが虚偽の内容を述べているのかは不明である。

バラク・オバマ

報道:2014年の朴槿恵大統領との韓米首脳会談において会談後の共同記者会見において「慰安婦問題は甚だしい人権侵害」と述べ日本を非難したといわれ、日本でも特にテレビにおいて取り上げられる。参照:中央日報<韓米首脳会談>オバマ大統領「慰安婦問題は甚だしい人権侵害」
実際:この件に関しては韓国の政府およびマスコミが一体となって「慰安婦問題で日本を非難したことにしよう」としたり、報道しない自由を駆使した形跡も存在する、との話であるが、ソースがいまひとつである
※参照:こらっ!国民をバカだと思っているのか!?マスゴミの捏造 オバマの慰安婦発言! APF全文翻訳

丸山和也

報道「黒人の奴隷が、大統領になっている」
実際「これは憲法上の問題もありますし、ややユートピア的かもしれませんですけれど。たとえば、日本がアメリカの51番目の州になるということについて、憲法上どのような問題があるのか、ないのか。そうすると集団的自衛権、安保条約ってまったく問題ありませんね。たとえば、今拉致問題ってありますけど、おそらく起こっていないでしょう。それから、いわゆる国の借金問題についても、こういう国の行政監視が効かないようなズタズタの状態には絶対になっていないと思うんですね。これは日本がなくなるということではなくて、アメリカの制度であれば人口比において、下院議員の数が決まるんですね。するとおそらく日本州というのは、最大の下院議員の数を持つと思うんです。上院も州1個とすれば2人ですけれど、日本もいくつかの州にわけるとすると、十数人の上院議員もできるとなると、これは世界の中の日本というけれども、ようするに日本州の出身がアメリカの大統領になる可能性が出てくるということなんですよ。ということは、世界の中心で行動できる日本という、日本とはそのとき言わないですけれども、それもあり得るということなんですね。馬鹿みたいな話だと思われるかもしれないですけれど。例えば、いまアメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引く、ね。これは奴隷ですよ、はっきり言って。で、リンカーンが奴隷解放をやったと。でも公民権もない、なにもないと。ルーサー・キングが出てですね、公民権運動のなかで公民権が与えられた。でもですね、まさかアメリカの建国あるいは当初の時代にですね、黒人、奴隷がですね、アメリカの大統領になるようなことは考えもしない。これだけのですね、ダイナミックな変革をしていく国なんですよね。そういう観点からですね、たとえば、日本がそういうことについて憲法上の問題があるのかないのか。どういうことかということについて、お聞きしたい。それから、政党所属を忌避するということについての憲法上の問題があるのかないのか。これについて、まず荒井議員からお聞きしたい。これはですね、十数年前から日米問題研究会ということがありまして、それで本まで発表されてるんですね。だからそういうことについてですね、日本の憲法的な観点から、どのように思われますか? お聞きしたいと思います」
※全文を読むと、ただ単にアメリカの歴史を語っているだけで黒人への侮辱発言などでは断じてない。

関連タグ

マスゴミ まとめブログ twitter 偏向報道 風評被害
言論封殺 報道しない自由
隠蔽 捏造 印象操作

コメント