ピクシブ百科事典

ジェームズ・マクラウドの編集履歴

2014-02-20 19:03:45 バージョン

ジェームズ・マクラウド

じぇーむずまくらうど

ジェームズ・マクラウドとは、スターフォックスシリーズおよびF-ZEROシリーズに登場するキャラクターである。

概要

スターフォックスシリーズに登場するキャラクター。
また、F-ZEROシリーズにも製作者の遊び心か同名のキャラクターが登場する。容姿は異なるものの似通った設定が多い。彼の他にもスターフォックスとF-ZEROとの間には設定のリンクが見られる部分がある(G-ディフューザーシステム、スペースダイナミクス社など)。

スターフォックスシリーズ

スターフォックス64」以降に登場する、フォックスの父親。
スターフォックスの設立者であり、初代スターフォックスのリーダー。惑星ベノムの調査中に消息を絶ち、現在は行方不明となっている。スターウルフのリーダーであるウルフ・オドネルとの間に因縁があった(息子のフォックスが付け狙われるのはそのせい)。ちなみにSFCでは「ブラックホールで消息を絶ったコーネリア軍のフォックス・シニア軍曹」という設定だった。
外見はフォックスにそっくりだがサングラスをかけており、アサルトでは毛色がフォックスよりも若干暗め。また、左耳が欠けているように描かれることも。
どのような事情でスターフォックスを結成したのか、現在の消息はどうなっているのか、ウルフとの間にどのような因縁があったのかなど、明らかになっていない謎も多い。
具体的な戦闘能力の高さは不明だが、作中での会話では相当な実力の持ち主だったことが推測できる。また、64のオープニングではブラスターを構えていた。

64

CV:麻生智久坂本くんぺい(643D)
真のラスボスであるアンドルフ・ブレインを倒すと、崩壊するベノム基地からフォックスを脱出させるためにアーウィンに搭乗して出現する。だが、フォックスが基地から脱出した時には再び姿を消してしまう。この時フォックスの前に現れたのが幻だったのか本物だったのかは結局謎のままとなった。

アドベンチャー

特定の魔人メダルを井戸に投げ込むことで彼からのメッセージを聞くことができる。

アサルト

CV:掛川裕彦
ラスボスであるアパロイドマザーが彼の声を使ってフォックスを錯乱させようとする(そのため、厳密にはジェームズ本人は登場していない)。彼の声を使った経緯は不明だが、ペパー将軍ピグマの記憶から読み取ったと考えるのが妥当だろう。
しかし、フォックスは「俺の親父はそんなこと言ったりしない!!」と激怒し、マザーに最後の戦いを挑んだ。

コマンド

特定の条件を満たすと、ちょっとだけプレイヤーキャラとして操作できる。
しかし、64と異なり一切会話はしない。戦いが終わると三たび消息不明になり、幻なのか本物なのか謎のままストーリーは終了する。

F-ZEROシリーズ

搭乗マシンリトルワイバーン(LITTLE WYVERN)重量1390kg
性能評価ボディE/ブーストB/グリップBマシンナンバー10

戦闘機を改造したスペースダイナミクス社製のマシン。ボディの頼りなさを補うテクニックが必要。

『F-ZERO X』から登場。スターフォックスシリーズとは違い、人間の姿をしている。
やとわれ遊撃隊「ギャラクシードッグ」のリーダー。32歳、奥さんと幼い息子がいる。遊撃隊の仕事が減ってしまい、賞金目当てにF-ZEROグランプリに参加している。
好きな言葉は「友は一生の財産」。チームの連中と原作とは違ってあつい友情を結んでいるらしい。将来の夢は「息子を自分以上の男に鍛えること」。

アニメ『ファルコン伝説

CV:三木眞一郎
上官の裏切りにより戦友を失ったことで人間不信に陥るというシリアスな設定が展開された。コーヒーはブラック派。作中では「ライラット系第三惑星コーネリア出身」「チームメイトの名前はピグマとペッピー」「戦死した戦友の名前はオドネル」など、ゲーム版以上に原作を彷彿とさせる単語が登場した。

関連イラスト



関連タグ

スターフォックス フォックス・マクラウド ペッピー・ヘア ピグマ・デンガー ウルフ・オドネル
F-ZERO