ピクシブ百科事典

備後落合駅の編集履歴

2020-09-21 16:28:57 バージョン

備後落合駅

びんごおちあいえき

広島県庄原市にあるJR西日本の駅。

概要

広島県庄原市にある芸備線及び木次線
新見駅管理無人駅であるが、岡山支社(芸備線東行)・広島支社(同西行)・米子支社(木次線)の分社する駅でもある。

かつては当駅で優等列車「ちどり」などの機関車を付け替えたり、分割・併合を行ったり、スイッチバックを行ったりしており、運行上の拠点駅として重要な役割を担っていたため大きな賑わいを見せていた。駅構内は機関車庫・転車台・給水塔・貯炭場が、駅周辺には備後落合駐泊所があり、駅員も最大で100人以上が勤務したとされる。
しかし社会の台頭により次第にその輝きを失い、優等列車の廃止とともに寂れた山間の小駅に成り下がってしまった。機関車庫や駐泊所は解体されたが、転車台や池跡、貯炭場は使われてこそいないもののそのまま残されており、かつての栄華を静かに物語っている。

おでんうどん

2・3番のりばには駅名物として「おでんうどん」を販売する売店があった。1990(平成2)年3月の急行ちどり廃止を受け、同年10月に閉店した。しかし、現在でも冬季限定で駅から徒歩数分の「ドライブインおちあい」で販売されており、当時と変わらない味が楽しめる。

駅構造

駅舎側の単式1面1線と、構内踏切で連絡している島式1面2線の地上駅。
1番のりばからは木次線、2・3番のりばから芸備線が発着する。

乗り場路線方向方面備考
1木次線木次宍道方面
2芸備線下り三次方面一部3番のりば
3芸備線上り東城新見方面
※掲載されている駅名について、木次線は駅の時刻表、芸備線は2020(令和2)年から掲出されている駅サインに準ずる。

利用状況

  • 2018(平成30)年度の1日平均乗車人員は13人である(国土数値情報より)。


利用状況比較表

年度乗車人員
1981年(昭和56年)度42人
2002年(平成14年)度26人
2011年(平成23年)度21人
2012年(平成24年)度17人
2013年(平成25年)度17人
2014年(平成26年)度15人
2015年(平成27年)度16人
2016年(平成28年)度13人
2017年(平成29年)度13人
2018年(平成30年)度13人


隣の駅

芸備線

種別←三次方面当駅新見方面→備考
快速備後落合駅道後山駅到着列車のみ
普通比婆山駅備後落合駅道後山駅当駅で系統分離

木次線
種別←宍道方面当駅
おろち号油木駅備後落合駅
普通油木駅備後落合駅

関連タグ

秘境駅 芸備線 木次線 広島県内の駅一覧