ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

広島県庄原市にあるJR西日本で、1936(昭和11)年に三神線(現在の芸備線)の駅として開業した。新見駅管理の無人駅である。

芸備線内で最も標高の高い駅である(611m、最高地点は小奴可~当駅間の620m)。その名の通り道後山へのアクセス駅として機能し、かつて広島駅から当駅まで行楽客向けの臨時列車が走行したこともあったという。駅自体は河川争奪が行われた谷中分水界に位置する。

駅舎は開業当時からの木造駅舎で、かつて駅事務室だった場所は改造され消防車として使用している。きっぷも販売されている。

駅構造

1面1線の地上駅。かつては2面2線であったが駅舎反対側のホームに行くことはできない。
岡山支社仕様のイラストつき名所ガイドがあり、「道後山」と「高尾原スキー場」が案内されている。イラストは道後山が描かれている。高尾原スキー場は休止を経て閉鎖され、今では道路建設の為に解体され見る影もなくなっている。

駅入口に設置されている第1種駅名標は比較的新しいものが使用されており、2011年頃に交換されたものとみられる。旧駅名標は駅構内に保管されているが褪せてきており「道後山駅 DOGOYAMA STATION」の文字はほぼ読み取れず、代わりに隣駅が描かれた第2種(もしくは第4種とも)駅名標の文字が読み取れる。いつからあるの…?

利用状況

  • 2018(平成29)年度の1日平均乗車人員は0人である(国土数値情報より)。


利用状況比較表

年度乗車人員
1981年(昭和56年)度16人
2002年(平成14年)度1人
2011年(平成23年)度0人
2012年(平成24年)度0人
2013年(平成25年)度0人
2014年(平成26年)度0人
2015年(平成27年)度0人
2016年(平成28年)度0人
2017年(平成29年)度0人
2018年(平成30年)度0人


隣の駅

芸備線

種別←備後落合方面当駅新見方面→
快速備後落合駅道後山駅小奴可駅
普通備後落合駅道後山駅小奴可駅

関連タグ

芸備線 秘境駅 広島県内の駅一覧

関連記事

親記事

広島県内の駅一覧 ひろしまけんないのえきいいちらん

兄弟記事

コメント