2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

広島県呉市広中町に所在するJR西日本呉線
名前の由来は当駅周辺の地区名(かつての豊田郡広村→呉市広町)であり、広島市とは当然のことながら関係がない。
直営駅(呉駅被管理駅)且つ、呉線における広島シティネットワークの東端駅で、運行系統上の境界駅でもある。
呉線の中でも大きな駅であり、当駅始発・終着の列車が多く設定されているが、それゆえ当駅を跨いで移動する場合、朝夕の一部を除いて乗り換えが必要になる。

なお、前述のとおり広島市および広島駅とは直接関係がないが、読みが同じで距離も近いため、呉駅や坂駅などといった広島駅と広駅の間にある駅で「広行き」の列車が来ると、慣れていない人は広島行きかと勘違いすること請け合いだろう。
「駅名が似ていて、その上どちらの駅も始発・終着駅なので紛らわしい」例としては、このほかに飯田線豊橋駅豊川駅などがある。

駅構造

単式1面1線、島式1面2線の複合2面3線の地上駅。

乗り場路線方向行先隣の駅
1・2・3呉線上り竹原三原方面仁方駅→
呉線下り広島方面←新広駅

利用状況

  • 2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員は3,640人である(呉市統計書より)。


利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度4,086人8,172人
2009年(平成21年)度3,946人7,892人
2010年(平成22年)度3,869人7,738人
2011年(平成23年)度3,801人7,602人
2012年(平成24年)度3,744人7,488人
2013年(平成25年)度3,832人7,664人
2014年(平成26年)度3,734人7,468人
2015年(平成27年)度3,888人7,776人
2016年(平成28年)度3,929人7,859人
2017年(平成29年)度3,953人7,905人
2018年(平成30年)度3,556人7,112人
2019年(令和元年)度3,640人7,280人


余談

当駅の東方に広電バスの広営業所があるが、同営業所の最寄りバス停は「東のりば」である。これは呉市営バスの東営業所だった当時から続く名称で、広営業所止まりのバスの行先表示も「広・東のりば」となっている。バス停では当駅より2つ目。

関連項目

広島駅 呉駅 呉線 広島県内の駅一覧

関連記事

親記事

広島県内の駅一覧 ひろしまけんないのえきいいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました