ピクシブ百科事典

三次駅

みよしえき

広島県三次市にあるJR西日本芸備線/福塩線の駅。同市の代表駅である。
目次[非表示]

概要

広島県三次市にあるJR西日本で、1930(昭和5)年に芸備鉄道(現在の芸備線)の「十日市(とおかいち)駅」として開業した。国有化により「備後十日市(びんごとおかいち)駅」に改称されたのち、1954(昭和29)年に、三次市の成立により当駅が三次駅となってからは当駅周辺が中心地として開発された。

芸備線の中間駅としては唯一の直営駅である。三次鉄道部の所在地で、芸備線当駅~比婆山駅間、福塩線塩町下川辺駅間を管轄している。
庄原市の中心駅であり、当駅を起終点とする列車も存在する。

福塩線は塩町駅から当駅まで乗り入れてくる。芸備線も下り2本を除き全て当駅始発・終着であるため、実質的なターミナル駅として機能している。

2015(平成27)年より現在の駅舎が使用されている。2016(平成28)年まで駅構内にSL用の転車台が残っていたが、東武鉄道2017(平成29)年よりSL大樹を運行するのに合わせ譲渡され、鬼怒川温泉駅で活躍している。

2018(平成30)年3月31日までは、江津駅から当駅まで100km以上かけて結ぶ三江線が乗り入れていたが、廃線となった。

駅構造

現在

2面3線の地上駅。駅舎に接しているのが1番のりばでその奥の島式ホームが2・3番のりばである。発車番線は不定。

乗り場路線方向方面備考
1~3芸備線下り志和口広島方面
1~3芸備線上り塩町新見方面新見方面は備後落合で乗り換え
1~3福塩線上下府中方面
※記載駅名は発車標の案内に準拠。

2018年3月31日まで

同日まで三江線が乗り入れていた。発車は3番のりば固定であった。

乗り場路線方向方面備考
1~3芸備線下り志和口広島方面
1~3芸備線上り塩町新見方面新見方面は備後落合で乗り換え
1~3福塩線上下府中方面
3三江線上り口羽江津方面
※記載駅名は発車標の案内に準拠。

2010年3月12日まで

この日までは2面4線で、三江線専用の0番のりばが1番のりばの延長線上に切欠きホームとして存在した。ただし留置線の出入りを伴う1往復のみ当時より3番のりばから発車していた。
三次市の駅周辺整備に伴う用地買収のため撤去され、13日以降は全て3番のりばからの発車となった。

乗り場路線方向方面備考
0三江線上り口羽江津方面
1~3芸備線下り志和口広島方面
1~3芸備線上り塩町新見方面新見方面は備後落合で乗り換え
1~3福塩線上下府中方面
3三江線上り口羽江津方面1日1本

利用状況

  • 2018年(平成30年)度の1日平均乗車人員は421人である(広島県統計書より)。


利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度702人1,404人
2009年(平成21年)度664人1,328人
2010年(平成22年)度653人1,306人
2011年(平成23年)度638人1,276人
2012年(平成24年)度612人1,224人
2013年(平成25年)度621人1,242人
2014年(平成26年)度585人1,170人
2015年(平成27年)度595人1,190人
2016年(平成28年)度608人1,216人
2017年(平成29年)度680人1,360人
2018年(平成30年)度421人842人


隣の駅

種別←広島方面当駅備後落合方面→備考
快速甲立駅三次駅
普通西三次駅三次駅八次駅


関連タグ

芸備線 福塩線 三江線 広島県内の駅一覧

関連記事

親記事

広島県内の駅一覧 ひろしまけんないのえきいいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三次駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20

コメント