ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

広島県庄原市にあるJR西日本で、1930(昭和5)年に三神線(現在の芸備線)の駅として開業した。新見駅管理の簡易委託駅である。

当駅で列車の大半が新見方面へ折り返す。折り返さずに備後落合を起終点とする列車は3往復で、当駅より広島方は「超過疎区間」と言われている。
開業時の駅舎が現在も残っている。
利用状況は芳しくなく、駅前から発着する高速バスが庄原行き・広島行きと完全に競合しており、それに負けている状況である。

駅構造

2面2線の地上駅。跨線橋で繋がれているホームが1番線、駅舎があるホームが2番線という珍しい駅だが、階段の老朽化により跨線橋は封鎖され、現在全ての列車が2番線を使用する。
1番線は上り本線の扱いのままであり、信号や駅名標が残っているほか、2番線側も「備後庄原 三次 広島 方面」と書かれた看板や番線標「2」が放置されており、完全に1面1線になった訳ではない。

また、1番線側に建植式の岡山支社仕様イラスト「帝釈峡」が描かれた「名所ガイド」が、2番線側に駅舎取り付け式の国鉄国鉄しいフォントを使用した「帝釈峡」「我妻帝釈国民休暇村」の「名所案内」がある。

乗り場路線方向方面備考
1芸備線(上り)使用休止中
2芸備線上り矢神新見方面当駅始発あり
2芸備線下り東城備後落合方面三次広島方面は備後落合で乗り換え

利用状況

  • 2017(平成29)年度の1日平均乗車人員は12人である。


利用状況比較表

年度乗車人員
1981年(昭和56年)度250人
1990年(平成2年)度224人
2000年(平成12年)度68人
2008年(平成20年)度14人
2009年(平成21年)度12人
2010年(平成22年)度11人
2011年(平成23年)度11人
2012年(平成24年)度12人
2013年(平成25年)度12人
2014年(平成26年)度9人
2015年(平成27年)度10人
2016年(平成28年)度10人
2017年(平成29年)度12人


隣の駅

種別←備後落合方面当駅新見方面→
快速備後八幡駅東城駅矢神駅
普通備後八幡駅東城駅野馳駅


関連タグ

芸備線 広島県内の駅一覧

関連記事

親記事

広島県内の駅一覧 ひろしまけんないのえきいいちらん

兄弟記事

コメント