ピクシブ百科事典

目次[非表示]

幾山河 越えさりゆかば寂しさの 果てなむ国ぞ けふも旅行く

概要

岡山県新見市にあるJR西日本で、1930(昭和5)年に三神線(現在の芸備線)の駅として開業した。新見駅管理の無人駅である。

木造の駅舎が開業時のまま残存しているが、かつて駅事務室だった場所はタクシーの営業所として使用されている。きっぷの発売がある。
2017(平成29)年度の平均利用客数は24人であり、これは新見備後落合間で新見(726人)の次に多い数値であるが、快速は当駅に停車しない。

岡山県最西端の駅である。

駅構造

1面1線の地上駅。かつては対向式2面2線の交換駅だった。ホームには、駅付近にある県境の二本松峠で若山牧水が詠んだ句、その句碑が建立された際に夫人が詠んだ句、その句碑の除幕式の際に2人の長男である旅人が詠んだ句の3句がそれぞれ2句目までと、それらの句碑までの案内看板が設置されている。設置したのは2005年に新見氏に合併し消滅した「哲西町教育委員会」である。

利用状況

  • 2017(平成29)年度の1日平均乗車人員は24人である。


利用状況比較表

年度乗車人員
1981年(昭和56年)度28人
2000年(平成2年)度71人
2008年(平成20年)度37人
2009年(平成21年)度36人
2010年(平成22年)度37人
2011年(平成23年)度38人
2012年(平成24年)度34人
2013年(平成25年)度33人
2014年(平成26年)度23人
2015年(平成27年)度22人
2016年(平成28年)度23人
2017年(平成29年)度24人


隣の駅

種別←備後落合方面当駅新見方面→
快速通過
普通東城駅野馳駅矢神駅


関連タグ

芸備線 岡山県内の駅一覧

関連記事

親記事

岡山県内の駅一覧 おかやまけんないのえきいちらん

兄弟記事

コメント