ピクシブ百科事典

オーダー66の編集履歴

2021-01-21 14:02:28 バージョン

オーダー66

おーだーしっくすてぃしっくす

スターウォーズにおけるシスによるジェダイ抹殺指令である

「オーダー66を実行せよ。」
「はい、閣下。」

概要

クローン戦争の締めくくりとして、ダース・シディアスによって発令されたジェダイ抹殺指令。

元々クローントルーパーには、シーヴ・パルパティーン銀河共和国元老院最高議長の声による命令をトリガーとして緊急時に作動する「行動抑制チップ」がに埋め込まれていた。そのチップには「命令があり次第ジェダイを殲滅せよ」というコマンドがクローンの製造段階でインプットされており、通信があれば即座に行動に移るようになっている。銀河の各戦線でクローンを率いて戦っていたジェダイ達は、いきなり背後から撃たれる事になりその殆どが射殺されている。クローン達は行動抑制チップによって意識を奪われ、ただ命令に従って殺意も悪意も無く奇襲を掛けてきたので、ジェダイのフォースによる危機察知も働きにくかった事も事態の悪化に拍車を掛けた。

他のジェダイが死んでいくのを感じて異変を察知したヨーダやその時はたまたま単独行動を取っていたオビ=ワン・ケノービの様に辛くも難を逃れたジェダイも僅かに存在したが、その大半は銀河帝国においてダース・ベイダー尋問官が主導する「ジェダイ狩り」で次々と殺されており、生き残ったのはほんの一握りとなった。

アニメ「クローンウォーズ」のシーズン6では、クローン戦争中にタップと呼ばれるクローンの行動抑制チップが何らかの原因で変質して誤作動し、戦場で上官のジェダイを射殺するという事件が起きていた事が語られている。この時に同じ部隊のクローンの一人であったファイブスが事の真相を知って全てを明るみにしようとしたが、クローンの製造に携わったカミーノアンと裏で全てを指示していたシスによる妨害に遭い、最終的に命を落とすこととなった。
しかしファイブスは死の直前、クローンの上官であるレックスに警告の言葉を遺しており、これを受けたレックスは自分が指揮する第501大隊の一部メンバーと共に独自かつ極秘に調査を続けた。
その十数年後を描いたアニメ「反乱者たち」ではレックスと一部のクローンがチップを脳から摘出し、ジェダイを殺さなかった事が語られている。