ピクシブ百科事典

YHVH

やはうぇ

聖書における神の名。
目次[非表示]

概要

その語義は一応旧約聖書の『出エジプト記』3章14節で「わたしはある」という言葉を使って神を表現したため「在りて在るもの」と訳される。
『ヨハネによる福音書』ではYHVHの語義をイエス・キリストに語らせ、居合わせたユダヤ人をブチ切れさせることで彼が神であることを主張している。

イスラム教では聖書の神をクルアーンの神と同一視するため、イスラム教が信じる神(アラー)もYHVHということになる。
絶対的でトータルな存在として共通はするものの、旧約聖書のみを聖書とするユダヤ教、新約を旧約聖書に続く啓示とみなすキリスト教、聖書をユダヤ教徒・キリスト教徒により、捏造・改竄されたとしてクルアーンと矛盾する部分は否定するイスラム教では神観に違いがある。

アルファベット表記にはYHVH, YHWH, JHVH, JHWH, IHVHがある。無理やり発音すると「エフワー(濁らない)」である。
ヘブライ語表記は「יהוה母音の無い子音四つで構成される。
これをギリシャ語で「テトラグラマトン Τετραγράμματον」(「四つの文字」の意)という。

エホヴァエホバ)、ヤハウェヤーヴェとも発音される。このように揺れがあるのは、もともとヘブライ語では母音を表記せず、それに十戒の一つ「神の名をみだりに唱えてはならない」の遵守が重なったため。
キリスト教でも、カトリック教会で典礼の場で「ヤハウェ」を発音することを戒めたり、祈りや聖歌における神名を「主(アドナイ)」に置き換えることが行われている。

古代においては特別な儀式の時に祭司によって発音がなされたこともあるが、現代においてはその伝統は失われ、残された子音から推定するほかない。

唯一神YHVHの原型をシナイ山の「山の精」とする説がある。

女神転生シリーズのYHVH

種族は「女神転生Ⅱ」では“唯一神”(旧約では“神”)、「真・女神転生Ⅱ」では“神霊”。デザインは“巨大な男性の”で統一されている。
シリーズを通して「万物の創造神」、「LAWの根本原理」として扱われ、ルシファーや古代の神々であるCHAOS陣営の悪魔達と敵対する存在である。
特に魔王種族の悪魔はYHVHに倒されて凋落した存在というスタンスのものが多く、「偽典・女神転生」や「デビルサバイバー」は『神に奪われた本来の姿への復活』を目指した悪魔たちを中心に物語が進行する。
ステータスは作中でもトップクラスで、剣、万能属性以外はまともに通じない堅牢な防御相性、強力な攻撃スキルとあらゆる防御相性を無視して知の値が低い敵一体を即死させるスキル“ゴッドボイス”を所持する強敵である。

女神転生Ⅱ
世界、悪魔、人間を創造した唯一神。
かつてルシファーが人類に知恵を授けるために地上へ赴きYHVHよりもルシファーへの崇拝が高まったために彼を魔界に落としたこと、世界統一のために数多の神を打ち倒しバアルベルゼブブバエルに引き裂いたことが語られる。
真のエンディングにおいて主人公と最終決戦を繰り広げるが、戦闘直前の会話で主人公に神と悪魔どちらと生きるのかという選択の機会を与え、撃破時には父たる創造神を倒すという主人公の決断を尊重する意志を見せる。
なお、自身が“無限の宇宙を統括する意識体のごく一部”という言葉を残し、アブラハム宗教の神とは別の存在であることをほのめかしている。

真・女神転生Ⅱ
地上に千年王国をもたらす唯一神。
前作「真・女神転生」の最終ダンジョン『カテドラル』は唯一神降臨のために建てられたものであり、作中の四大天使とセンターもそのために暗躍している。
しかしYHVHは過ちを繰り返した現人類がいる限り千年王国の設立は不可能と断じており、ザインを“神の裁き”であるサタンの化身として地上に遣わし、一部の優れた人間を除いてメギド・アークによる地上のイレースを画策する。
さらに神の法に背くメシア・プロジェクトを進めたミカエルラファエルウリエルにも見切りをつけており、独り疑問を抱いていたガブリエルにのみサタンを補佐するよう告げている。
ゲーム中では各ルートのラスボスとして登場しており、“宇宙の大いなる意志”から生みだされた存在とされ、方舟で戦う神霊族の悪魔エロヒムシャダイツァバトはYHVHの分霊として扱われている。また、イシュタルを凋落させてアスタロトにしたという旧作を踏襲する設定が存在する。

  • ニュートラル、カオスルート
メギド・アーク発射阻止のために方舟に乗り込んだアレフ達によってサタンが撃破された直後、彼らを高次元空間に引きずり込み対面する。
命の法を捻じ曲げた結果生まれた人工の救世主アレフやクズリュウを用いて地上を破壊する任務を放棄したルシファーに怒りを見せ、最後の戦いを繰り広げる。
  • ロウルート
地上のイレースを終えたアレフ、ヒロコ、サタンをYHVHは祝福する。
だがサタンから、抹消すべき古き人類の神──『最後の裁きの対象』として糾弾され最終決戦に至る。
撃破されたYHVHはアレフたち選ばれた人々が自身の手を離れたことを実感すると共に、いずれ頼り縋る対象として神を求めることを示唆しながら消滅する。
直後にYHVHから生みだされたサタンとガブリエルもまた消え去る。

真・女神転生Ⅳ
直接登場はしないが、メガテン世界の神(YHVH)の所業に強くスポットが当てられている
物語開始に先だって、神の御業によって地上を一掃し、天使たちを使って“方舟”による人間たちの選別を行い『東のミカド国』を建国している。
過去に世界と人類の滅亡を四度もたらしており(ホワイトメン)、また可能性の世界の一つ“砂漠の東京”ではプルートを遣わして地上に治療不能の猛毒を撒き散らし生き残った人類の滅亡を画策している。
特に神の意志が色濃く描かれるイベントとしてDLCクエスト「日の老いたる者」が挙げられる。
当クエストでは自身を『神の一部であり、神の代行者』と称する神霊エンシェントデイという悪魔が登場し、プルートが消滅したことで神の呪縛を破り新たな自由を獲得しようとするアキラたちの前に立ちはだかる。
エンシェントデイは地上の大半を焼き払い、アキラたちが最後の砦として立て籠もるプルート城に強襲をかけ、それを阻まんとする主人公と死闘を繰り広げる。
エンシェントデイの目的は、地上の浄化と次の人類を地上に導くこと。エンシェントデイにとって旧人類は『宇宙の摂理に反する悪しき命』でしかなく、神を信じ祈り続けてきたキヨハルですら自身が既に不要な存在であると判断せざるを得ないほどに苛烈な意志を持つ。
エンシェントデイが撃破されても神の取る形が一つ失われたに過ぎず宇宙の摂理が揺らぐことはないと示唆され、空から新人類を乗せた無数の方舟が飛来するところでクエストは終了する(ただしアキラは新人類との融和と、東のミカド国設立の希望を捨てていない)

真・女神転生ⅣFINAL
担当声優は麦人
“有らんとして在る者”、宇宙の外(YHVHの宇宙)から人間を観測する無限の創り主にして宇宙の法と秩序そのものとされる。
“絆ルート”及び“皆殺しルート”のラスボスとして登場。また、真Ⅳ本作のYHVHの所業については“神の御業戦争”という名で東京の人々にもある程度認知されている設定である。
今作のYHVHは人間の持つ“観測の力”を自身にとって都合良く捻じ曲げ絶対神としての位階を確立したと語られ、YHVHが統治する宇宙から人類の魂を開放し新宇宙を創造しようと目論んでいるクリシュナ及びダグザ、そして人が人らしく生きられる世界を望む絆ルートの主人公たちと敵対する。
当初は真Ⅱのような金色の顔だけの姿で、言動もアブラハム宗教における慈悲深く苛烈な唯一神を思わせる超然的な言動を取り、ただ相対して戦うだけでは打ち倒しえない絶対の神として猛威を振るう。だが、フリンや主人公たち人間が持つ“観測の力”によって、救い、免罪、博愛、公明、自由、清廉、慈悲というYHVHを支える神性を否定され、かつてYHVHが敵対する神へ強要した“悪魔への凋落”を受けて弱体化する。その姿は悪魔のような翼を生やした蛇身に、頭部にヤモリや山羊、イナゴ等の七頭と青白い人の上半身を生やした邪神というべき代物であり、信仰する者に己への賛美のみを要求し“神”という存在に執着する醜悪な本性を露わにする。

作中では相違を匂わせてこそいるがYHVHはアブラハム宗教の神をモデルに造られており、ある意味そのヤバさは邪神ミシャグジさまや「ペルソナ2罪」のヒトラーをも凌ぐ存在である。
また『Y.H.V.H.(Ⅱ)』、『Y・H・V・H(旧約)』、「YHVH(真Ⅱ)」とピリオドや中点の有無による表記ゆれが激しい。

大天使メタトロン

YHVH


関連タグ

唯一神 ユダヤ教 キリスト教 聖書 旧約聖書
アラー・・・アラビア語を母語とするユダヤ教徒、キリスト教徒も用いる。
女神転生 旧約・女神転生 メガテン メシア教

外部リンク

wikipedia「ヤハウェ」の項目

pixivに投稿された作品 pixivで「YHVH」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55198

コメント