ピクシブ百科事典

【流浪の民テテハハ】

るろうのたみててはは

ワタシバネと呼ばれる巨鳥を乗りこなし、エルダリア各地を巡る流浪の民。 薬師や運び屋を生業にするものが多くエルダリア各地で姿を見かけることができる。 長命な種族で実年齢は見た目のおよそ二倍。とがった耳と奇抜な民族衣装が特徴的。
目次[非表示]

概要

流浪の民テテハハ

精霊の子を自称する流浪の民。

長命な種族で実年齢は見た目のおよそ二倍。
とがった耳と奇抜な民族衣装が特徴的。
首から吊り下げた印籠には薬草や自作の薬を常備している。

文化

長命のため年功序列が顕著であること以外は男女差がない気ままな共同体を形成している。

言語的には語尾の母音がaのときにはe、母音がuのときにはnが付く独特の話し方をする。
ただし、語尾が名詞で終わるときには変化はしない。

一所にとどまることなく回遊するように世界を渡り続けており基本的には現地のものを採取しての自給自足。世界を渡り歩くため運び屋や各地に自生する薬草や生物に知識を生かして薬師などを生業にする者が多い。

民族衣装(旅装束)や印籠は一所にとどまることない彼らにとって仲間を見分けるための目印になる。まれに旅先で定住したり、その土地の文化に入り込む者もいるのであえて着ない者もいたりするが大体はテテハハ特有の話し方で気付かれる。

テテハハの仲間

名前職業所属性別年齢身長
アウ・エ・ナルビ薬師医療会ロマーシカ30代164
エトイ・オ・ウル旅人
ペデ・イ・テフル薬師115
ノヤ・イ・ウィタ薬売り外見年齢20前後170前後
フィート元暗殺者羊たちの静寂時の語り部所属予定不詳


旅先の思い出(タグ関連作品など)

立つ鳥
森の遺跡のマナ・チャ
黄泉よりの来訪者
黄金街道 ハーン・シンハイ・ウェイ
復活者が紛れ込んでいる
“生きたい”を支えて
僕は誰かを待っていた
幕間の話
同郷の友達
船上のひととき
初めての遺跡
月下に轟く
森の道化師ヌチャ・ペチャラ※テテハハの伝聞
想いを託して
【時の語り部】にて
再会の証に

関連タグ

ピクファン創作種族 【医療会ロマーシカ】

pixivに投稿された作品 pixivで「【流浪の民テテハハ】」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13355

コメント