ピクシブ百科事典

となりのせきのますだくん

ここからでたらぶつからな

「となりのせきのますだくん」とは、1991年に発表された絵本。
目次[非表示]

朝おきると、学校にいきたくない。ずるやすみをしたい。
きのう、となりのせきのますだくんとけんかをしたから・・・。

概要

「となりのせきのますだくん」とは、1991年にポプラ社から発表、出版された絵本。
同年「絵本にっぽん賞」「講談社出版文化賞 絵本賞」を受賞。
1992年度には、「青少年読書感想文全国コンクール」低学年の部の、課題図書にも選定された。
武田美穂先生の代表作のひとつ。

あらすじ

主人公みほちゃんは小学校1年生の女の子。
みほちゃんの隣の席の男の子“ますだくん”はなにかとみほちゃんをいじわるしてくる。
そんなある日、ますだくんはみほちゃんの大切な鉛筆を折ってしまう・・・。

シリーズ作品

後年、「ますだくん」シリーズとして、続編が数作刊行されている。
何れもポプラ社刊。

  • 「ますだくんのランドセル」(1995年)
    • ずっと欲しかったお姉ちゃんの赤いランドセルをしょって、今日はますだくんの入学式。学校の入口に青いランドセルをしょった泣いてる女の子がいて…。
  • 「ますだくんの1ねんせい日記」(1996年)
    • きょう、ぼくはすこしいじわるな気分でした。だって、せっかくしんせつにしてあげても、となりの席のみほちゃんは、ぼくのこと、こわがってばかりなんだもの…。
    • 1作目『となりのせきのますだくん』のますだくん視点のお話
  • 「ますだくんとはじめてのせきがえ」(1996年)
    • となりの席のますだくんがこわくてしかたないみほちゃん。席がえがあるという話をきき喜ぶのですが、ますだくんがにらむのです…。
  • 「ますだくんとまいごのみほちゃん」(1997年)
    • まいごになってしまったみほちゃん。知らない街は、なんだかおばけの街みたいに気味がわるくて、みほちゃんは泣きだしてしまいました。そのころ、友達のますだくん達は「みほちゃんそうさくたい」をつくって…。

関連イラスト

みほちゃんとますだくん
となりのせきのますだくん


表紙パロディ

となりのせきの…
こっからでたら ぶつからな



表記ゆれ

表記ゆれタグとして、ますだくんタグが存在する。
ただし、このタグは表記ゆれタグであると同時に、
「キャラクターとしてのますだくん」を意味するタグでもある。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「となりのせきのますだくん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61083

コメント