ピクシブ百科事典

ゲスレール

げすれーる

ゲスレールとは、サモンズボードのキャラクター「エクレール」を元とした、ゲスなエクレール。ゲス思考のエクレール。ゲス顔のエクレール。通称・ゲスレールである。
目次[非表示]

目次


概要

ゲスレールとは、サモンズボードのキャラクター「エクレール」を元とした、ゲスなエクレール。ゲス思考のエクレール。ゲス顔のエクレール。通称・ゲスレールである。制作者は、Hondy氏。
原作は、ガンホー社のスマートフォン向けのゲームアプリ「サモンズボード」に登場する「エクレール」というキャラクター。

ゲーム上での性能

基本情報

エクレールは、装姫シリーズと呼ばれる特定のフェス限定ガチャで入手可能。フェス限定でしか入手できないとは、なんたるゲス。
メインタイプがバランスタイプ、サブタイプがアシストタイプであるが、HP・攻撃力ともに高い数値を誇る。この時点で既にゲスである。

アクティブスキル

アクティブスキル「インフィニティ・ライト」は、相手の反射や防御アップを打ち消す防御貫通によるスキルダメージと、スキルダメージの範囲トラップを配置する、アシストタイプの中でも強力なスキルを搭載している。特に防御貫通やトラップは、相手の対スキルダメージ対策のほとんどに対応可能なため、敵に回したら非常に厄介かつゲスなゲススキルである。

リーダースキル

リーダースキル「残煌の英知」は、呪い状態の敵への攻撃力アップとダメージトラップ威力アップという、アシストタイプパーティ専用を意識したスキル。ダメージ軽減も搭載し、自身も能力に呪い攻撃と持っていることから、呪ってトラップで誘い込むという、とてつもなくゲスな戦い方ができる。

メルクストーリア上での設定

別ゲーム「メルクストーリア」とサモンズボードがコラボした際、エクレールも装姫シリーズの一人としてメルクストーリアに参戦している。メルクストーリアの中では、以下のような設定が記載されている。

性別
年齢17歳
趣味ガーデニング
性格じょうひん
自身が装姫であることに使命感を抱く意志の強さもあるようで、ゲス要素は微塵も、、、否、きっとそこがゲスへ繋がる布石なのだろう。(しかしHondy氏自身この設定を見て、「全然ゲスちゃうやん…何描いてんのわたし…」と言っていたことは秘密←)
なお、サモンズボード側ではこういった設定はないが、黙認していることから暗黙的にこのような設定なのだろう。

ゲスレールの素晴らしきゲス戦術

ゲスレールは、そのキュートなゲス顔とぜっぺk…ゲフンゲフン!!ゲス顔と容姿で相手を魅了し、その周りにトラップをばらまいて相手を落とすことが基本戦術。
また、相手に気付かれないよう懐に潜り込んでゲス攻撃をする防御貫通(物理)も得意技。
最大の武器はそのゲス顔。見ているだけで呪われる。だが、それがいい。
『呪うよ!トラップしかけるよ!防護貫通しちゃうよ!』

ゲスレールの歴史

ゲスレール誕生の瞬間

ゲスレールは、TwitterにてHondy氏がサモンズ落書き絵を投稿している際に生まれた、Hondy氏曰く「偶然の産物」。
ソーキそばを食う装姫」というテーマで描かれた、ぶっとんだ設定の装姫たち。エクレールは「トラップ(激辛スパイス)仕込むエクレール」という設定で描かれた。
フォロワーとの会話の中「初めて描いたエクレールはゲス顔でした()」と言い放ち、それに驚いたフォロワーのコメントに対して、「また単体でもゲスレール描いてみたいと思いますw」と宣言。ゲスレール誕生の瞬間である。

水着ゲスレール

サモンズボードの夏イベントガチャで既存キャラの水着キャラが登場したからなのか、TwitterでHonndy氏も水着バージョンのゲスレールを投下。
顔はゲス顔ではないが、右手に持ったカニを泡を吹くほどの握力で握りしめ、左腕にはスイカに扮した爆弾を抱えている。彼女は一体ビーチで何をしようとしているのか、想像するだけでゲスな気持ちになってしまう。

ゲスレールロボット計画(?)

TwitterにてHondy氏が「ゲスなロボット作る」という謎のコメントともに、通常エクレールとゲスレールの落書きをツイートしていた。サモンズボードのすべてのエクレールをゲスレールに改造しようとしているのか、既存のゲスレールを量産しようとしているのか等、ゲスレール評論家界隈では様々な憶測や仮説が挙げられ、騒然とした。

同志の装姫たちにも容赦無いゲス対応

同じ仲間である装姫たちにも、ゲスな行動は止まらない。
上記の「ソーキそばを食う装姫」でも、オラージュのソーキそばにドクロマークのラベルの激辛スパイスを仕込んでいる。
また、親友のフォンセにも容赦なくインフィニティ・ライトでゲスゲス(?)している。
特に被害が多いのはシエル。スカートをめくられたりメガネを取られたりと、被害を最も被っている。お姉さん系でしっかりしているシエルが気に喰わないのか、関西弁でのツッコミ待ちなのか、あのゲスの笑みからは真意が分からない。
一番被害が少ないフラマは、カウンターで受け身状態のためかトラップが効きにくいと思われる。

  • 2017.1.8 追記「シエルが最大の敵 説」-
シエルとの戦いが激化しており、「ゲスレール最大の敵=シエル」という説が立ち上がった。戦術的でゲスなゲスレールとは対象的に、スキルに身を任せて殴るシエルのバトルスタイルがどうやらポイントらしい。また、豊満な胸をゲスレールに押し付けて胸囲の格差を見せつけるシーンもあることから、一番厄介な相手なのかもしれない。ぜっぺk…ゲフンゲフン!!

Hondy製ヤマラージャとゲスレールの関係

同じくHondy氏の二次創作で生まれたヤマラージャも、ゲスレールにゲス対応されているが、物理的に武器で殴られているところを見ると、あまりは仲はよろしくない模様。(ヤマラージャは殴られて嬉しそうだが…)
同じHondy製の二次創作キャラとして、今後のゲスなやり取りに注目したい。

ゲスレールの根源は髪飾りだった…?

某日に突如上がったゲスレールイラストにて、ゲスレール変身の瞬間が描かれた。(まとめ参照
そこには『頭の「G」はゲスの証!』という言葉とポーズとともに、当時まだ未実装の覚醒を行い、「残酷装姫ゲスレール」が登場するゲス演出が描かれている。どうやらゲスレールになるには、髪飾りが重要だったようなのだ。
Hondy氏画だと誇張されているが、原作画を見ても、たしかに髪飾りが「G」という形に見えなくもない…?

クリスマスゲスレール

2016年クリスマスガチャに「残煌祈姫・エクレール」という、クリスマス限定のエクレールが登場したことをきっかけに生まれた作品と思われる。
燃え盛るような庭をバックに、喰裂スキュリュードの鉢を持ったゲスレールが、それはもうゲス顔でクリスマスを楽しんでいる。誰かへの贈り物らしい。
ロードリア植物図鑑に登場する奇怪な植物たちは、実はゲスレールの庭で育てられているのではないかと、多くの召喚師たちの噂となった聖夜であった。
なお、クリスマスイベントに招待される直前まで、自分が招待されないと思い、カエルのような足がはみ出ている怪しげなお年玉をシエル宛てに準備していたらしく、クリスマス衣装が届いた時は、ゲスの顔にも涙だったとのこと。お年玉の中身は、未来永劫ゲスレールしか知らない。

関連イラスト

ゲスレールまとめ


サモンズ落書き詰め合わせ~
ゲスレールさんまとめ


クリスマスゲスレール

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲスレール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 862

コメント