ピクシブ百科事典

ファルシオン(刀剣)

ふぁるしおん

ファルシオンとは、ヨーロッパで用いられた刀剣の一種。

概要

ファルシオン(英:falchion)という名称の由来はラテン語で鎌を意味するファルクス(英:falx)から来ている。
主にマチェット(山刀)や剣鉈を大きくしたような形状をしている場合が多いが、その由来通りの鎌型のタイプもある。

西暦1000年代~1500年代にかけて使用されたといわれる。日用と戦闘兼用ナイフから発展した武器であり、当時は大きめのナイフに位置づけられる場合が多く、正式な刀剣と見なされることは少なかった。

(中世ヨーロッパにおける「正式な刀剣」とは貴族出身の専業戦士がベルトに吊り下げた長めの直剣のことである。)

この「正式な刀剣」は中世の長期間にわたり、非常に高価で普及していた武器とはいえなかった。しかし、ファルシオンは安価で作りやすかったため「正式な刀剣」を購入できない農兵や傭兵の他、一部の騎士に重宝されていた。

柄の形式によりグロスメッサーと呼ばれることもある。

関連タグ

武器 工具 刀剣 バイキングソード スクラマサクス ナイフ バールのようなもの

関連記事

親記事

かたな

兄弟記事

コメント