ピクシブ百科事典

マクアフティル

まくあふてぃる

マクアフティルとはメソアメリカを中心とする地域で用いられていた刀剣である。
目次[非表示]

概要

アルファベットでは「Macuahuitl」と表記し、日本語では「マクアフィテル」とも書く。

アステカ文明マヤ文明などで用いられていた刀剣のタイプ。
鋭い黒曜石の刃を複数用意し、それを木製の部分に刺し、あるいは挟み込み接着剤で固定したもの。
柄を掴んで振り回す使い方はユーラシア大陸等における金属製の剣と共通している。
切れ味は金属剣と比べても遜色なく、人間の首をも切断できたと記録されている。

刃部分は金属より破損しやすいが、その部分を付け替える事で切れ味を維持できる。木製部分も加わった重みもあり、打撃武器としての特徴も兼ね備える。
戦闘中に刃毀れや刃抜けが起こっても棍棒としての使用が可能と言うことである。

類例

アステカテポストピリーはこれの槍バージョンと言える。

カリブ海のタイノ族には設計思想が共通する「マカナ」が存在する。こちらはの刃を持つ。

キリバス諸島には木の部分にの歯をはめ込んだ「テブテジュ」がある。ハワイにはこれがジャマダハル的になったレイオマノがある。

関連動画


関連タグ

オブシダンソード:英語での呼び方の一つ。ロマンシングサガに「邪のデステニィストーン」として同名の剣が登場するが形状は異なる。
ケツァル・コアトル(Fate):通常攻撃で使用する。

pixivに投稿された作品 pixivで「マクアフティル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26875

コメント