2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アルファベットでは「Macuahuitl」と表記し、日本語では「マクアフティル」「マクアフィテル」とも書く。

アステカマヤ文明等で用いられていた刀剣のタイプ。
鋭い黒曜石の刃を複数用意し、それを木製の部分に刺し、または挟み込み接着剤で固定したもの。
柄を掴んで振り回す使い方はユーラシア大陸等における金属製の剣と共通している。
切れ味は金属剣と比べても遜色なく、人間の首を切断できたと記録されている。

刃部分は金属より破損しやすいが、その部分を付け替える事で切れ味を維持できる。
木製部分も加わった重みもあり、打撃武器としても使える。
戦闘中に刃毀れや刃抜けが起こっても棍棒としての使用が可能。

類例

アステカテポストピリーはこれの槍バージョンと言える。

カリブ海のタイノ族には設計思想が共通する「マカナ」が存在する。こちらはの刃を持つ。

キリバス諸島には木の部分にの歯をはめ込んだ「テブテジュ」がある。
ハワイにはこれを短剣やジャマダハルのような手持ち武器にした「レイオマノ」がある。

関連動画


関連タグ

アステカ マヤ文明 刀剣 武器

オブシダンソード:英語での呼び方の一つ。ロマンシングサガに「邪のデステニィストーン」として同名の剣が登場するが形状は異なる。
ケツァル・コアトル(Fate):通常攻撃で使用する。
ゴブリンスレイヤー主人公がゴブリンから奪い取って使った数々の武器の中にコレがある。

関連記事

親記事

けんまたはつるぎ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マクアウィトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 247812

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました