ピクシブ百科事典

ロクコ・ラビリスハート

だんじょんこあ

ロクコ・ラビリスハートとは「絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで」のヒロイン。
目次[非表示]

概要

ロクコ・ラビリスハートとは小説家になろうで連載中の小説「絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまでのヒロイン。増田桂馬のパートナーであるダンジョンコア。

本体は丸いボール状の石。その化身は金髪で青目の良い形の足をしている女の子。

一般にはハク・ラヴェリオの妹でありダンジョン《欲望の洞窟》前にある宿《踊る人形亭》のオーナー。ケーマの親しい雇い主でもある。

元々の正式名称は第695番ダンジョンコアだったが「父」からの認可によりロクコ・ラビリスハートも正式名称となった。
書籍版では大人体系で登場し、大人体系は1日10DP消費するのでDP節約の為に幼女形態になる事になった(web版では最初から幼女形態で登場)。

人物

ツィーア山のダンジョン《ただの洞窟》を1人で10年程運営していたが、一部屋しかないそのダンジョンを山賊オーヴェ一味に占拠されたことで追い詰められる。起死回生を掛け1000DPガチャを回してモンスター召喚したが出てきたのは変な人間ケーマ。ケーマを山賊に嗾けようと命令するも断られ、マスターケーマと誤認した事により何故かシステムがケーマをダンジョンマスターにしてしまう。

最初こそポンコツなダンジョン経営者だったが、ケーマの働きを間近で見てきた所為か、徐々にケーマの考えが読めたり、彼同様に策略を考えることができるようになって成長していく。
DP保有量ランキングでは実質最下位だったが、トップランカーかつ裏切り者のハクから同じ人型のコアだからと可愛がられておりダンジョンコアの間では悪目立ち。友達は少なかった。しかしケーマの経営が当たり、保有DPが同期の600番台から一気に抜き出ることになり注目を浴び、徐々にコア間での付き合いが増え始めた。
ケーマが寝ている間に寝る必要のないロクコはゴーレム操作の練習、仲間やコアとのコミュニケーションを積極的に行った結果、情報に遅れのあるケーマを困惑させている。

書籍版では《白の試練》戦終了後の序盤に冒険者登録も行ってGランクからスタートしている(web版ではロクコがラヴェリオ帝国に行く時にハクがBランクの冒険伯の身分を用意した)。

能力・スキル

ダンジョンコア

ダンジョン機能を全て使える。最近は強化の項目も増え、ちょっと舞い上がり気味。
DPについては感覚で分かるところもあり、宝物をDPに変換する前にある程度価値が分かる等そこはダンジョンマスターとは違う部分。

幸運(?)

豪運の持ち主で、1000DPガチャでケーマを魔物召喚したのもそうだが、ガチャをするたびに当たり(上位)の確立が5割以上といっても良い成果を叩き出している。
あぶく銭的にDPが稼げたら大体ガチャ回すのが《欲望の洞窟》のお約束。

日本語

ダンジョンポイントを使って魔法のスクロールを購入&使用で覚えた。地球の漫画等を楽しんでる模様。
たまにそれで覚えた文化でケーマを困惑させる。

ゴーレム操作・群体操作

自身のダンジョン運営にて磨き上げた操作能力。数々の侵入者との戦いとダンジョンバトルの経験が彼女の中で生きている。

配下(ペット)

フェニ

白い不死鳥。ロクコが1万DPガチャにて大当たりを引いた時出てきた卵から産まれた幻影のような炎で燃え続ける鳥。魔力のかたまりのような存在で死んでも元に戻る。

あまりモンスターとしては強くないらしく基本的にロクコのペット。一応ダンジョン《火焔窟》に続く道の途中に「溶岩と飛び石」の通路があり、そこに住んでいる。溶岩の中に潜み、侵入者が来たら溶岩へ突き落とすのが役目。


関連タグ

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで
増田桂馬 ハク・ラヴェリオ

pixivに投稿された作品 pixivで「ロクコ・ラビリスハート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 199

コメント