ピクシブ百科事典

もく

「杢」とは、木材の表面に浮かぶ年輪とは別の模様の総称である。

概要

「杢」とは、木材の表面に現れる板目、柾目とは異なる模様の総称である。「杢目」とも。

大木に成長した際、自重の影響で捻れや歪みが木部に発生し、その密度の差のあるところに当たった光の反射具合の違いから立体的に見えるもの(縮杢、鳥眼杢、キルテッド等)と、バクテリア等の要因で色が変わったもの(スポルテッド)、またはその両方の特徴を備える物(バール杢等)がある。

見た目の美しさから家具や楽器に利用されることが多く、希少性から高額で取引されるが、その発生プロセスからも判るように比較的柔らかい材に杢が出やすい傾向がある。

コメント