ピクシブ百科事典

速記

そっき

文書作成におけるテクニックの一つ
目次[非表示]

概要

速記とは、速記文字や速記符号とよばれる特殊な記号を用いて、言葉を簡単な符号にして、人の発言などを書き記す方法をいう。主に議会や法廷の発言を記録する分野や出版、ジャーナリズムなどで利用されている。特に国会の議事の様子を速記で記録し、議事録を作成する仕事に携わる人を「国会速記者」と呼ぶ。
また、その内容を普通の文章に直すこと「反訳」という。

日本の速記

日本に速記という概念が登場したのは江戸時代である。1862年に出版された『英和対訳袖珍辞書』にshorthandの訳語として「語ヲ簡略ニスル書法」と、stenographyの訳語として「早書キヲスル術」と紹介されていた。1868年の『増補西洋事情』(黒田行次郎)には「疾書術は近代の発明なり」と紹介されている。

西洋文明を積極的に導入した明治維新期、西洋の速記を日本語に導入する試みが数多く行われた。1875年には、松島剛や畠山義成が日本語速記法の整備に着手した。そして1881年に「明治23年ヲ期シテ国会を開設スル旨」の詔勅が発表されたことで、国会議事録記録の必要から多くの人々が速記法を考案していった。

関連タグ

テープ起こし 演説

外部リンク

速記 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「速記」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2716

コメント