ピクシブ百科事典

Coutryhumansのキャラクター一覧

かんとりーひゅーまんずのきゃらくたーいちらん

ここでは、Countryhumansに登場する主要なキャラクターをまとめる。
目次[非表示]

注意

記事は特定のに対する反感の助長や戦争賛美など反社会的思想の肯定や擁護誘発する意図は一切ございませんので、予め御了承下さい。
また、ここで紹介する設定の一部はあくまで一例であり、ファン個人の解釈に関しましては保証致しかねますので御了承下さい。

ヨーロッパ・北米

アメリカ

USA [countryhuman]


常に愛用のサングラスと、NATO(あるいは“Say hey if your gay”)と大きく書かれた黒いシャツを身につけている。アメリカ人特有のハイテンションで高飛車な性格である事が多い。初対面の人には冷たく当たるが、一度仲良くなれば暖かく接するようになる。
星条旗の星は(多くの場合)「50★」と省略するのが定番。ファンの解釈次第ではロシアと恋仲であることも。兄弟にカナダオーストラリアニュージーランドを持つ。

ロシア

ah


ロシア帽と、場合によっては白と水色のボーダーシャツとセットで描かれる事が多く、作品によっては腕に包帯を巻きつけている事もしばしば見られる。無口な青年で、何かとぶっきらぼうな態度で人と接する。極度の大酒呑みで、ウォッカを片手に酔っ払っていたり泥酔している事が多い。
父親はソ連、兄妹はウクライナベラルーシ、またはカザフスタンである事が多い。

ドイツ

ついったchまとめ


眼鏡スーツが特徴の、謹厳実直で生真面目な性格の男性。規律や規範はとにかく守る気質で、その仕事に対する熱心な態度に、ファンの間ではワーカーホリック、いわゆる社畜と呼ばれる事も少なくない。欧州連合の中心地でもあるため人望はそこそこ厚いが、同時にかなり苦労している様子。健康オタクならぬ重度の環境オタクで、リサイクルと自転車を活用して地球環境を守ろうと日々努力する姿もたまに見られる。
また第二次世界大戦の影響で、ナチスに対して深刻なトラウマを抱えている。

イギリス

イギリスのカントリー達


三つ揃いの背広に身を包んだ、典型的な英国紳士愛用片眼鏡シルクハットは欠かさず身につけている。優雅で非常に派手好き。趣味はティータイム。
父親としてトラブルメーカーな息子達、特にアメリカに対して頭を悩ませている事が多い。またイギリスが世界有数の紅茶主要生産国家である事から紅茶とセットで描かれる事も少なくない。
フランスとはライバル関係であったり、恋仲であったり、はたまた夫婦であったりと様々である。

フランス

france.


ベレー帽と白黒のボーダーシャツを身を包んだ男性、あるいは女性。フランスの名物料理、フランスパンとセットで描かれることもしばしば。非常に賢明でロマンチストな性格だが、裏では不平不満を言う事もある。
ファンの解釈次第ではイギリスと恋仲であったり、ドイツと恋仲であったりする。カナダを息子として持つ設定もしばしばファンの間で見かける。

ポーランド

Countryhuman Poland


歴史的な背景からも臆病で人畜無害な青年、あるいは少年である事がほとんど。PBの影響で、ラバーカップ(トイレ用の清掃用具)を手にしてる姿はファンアートでもしばしば見られる。歴史的な背景から天敵であるドイツ帝国(またの名をライヒタングル)とナチスに対し拒否反応を見せる。当然、分割ネタは未だ健在である。また、作品によってはが生えていたり、顔の中心に大きな傷跡が残ってる事も。
口癖はお決まりの「クルヴァ!」

イタリア

ピッツァ〜♡


カンカン帽子、白と水色のボーダーシャツ、赤いスカーフを身につけた陽気で奔放な少年、あるいは青年。好物はイタリア名物料理のピザパスタバチカンドイツとセットで描かれる事が多い。
常にジェスチャーを交えて話す。中性的な見た目である事が多い。

スペイン

いーあるふぁんくらぶ


(奥側がスペイン)
男性と女性両方で描かれるが、女性の方が多め。国章をアイパッチにしているが複雑なため画像のように省略される事がある。フラメンコドレスなどステレオタイプな服装に身を包んでいる。ロマンチストで昼寝が大好きなマイペースな性格である事が多い。社交的で大きな声でとても速く話す。
最近登場回数を徐々に増やしつつある。

ウクライナ

ウクライナ


ウクライナの伝統的な花冠、ヴィノクを身につけた男性、あるいは女性。兄のロシアとは上手くいった試しがなく、現在でも兄弟の仲の悪さはファンアート内でも度々描写される。
ウクライナとは別に、ウクライナ蜂起軍(WW2時に独ソ双方に対して戦った武装組織)と呼ばれる上半分が赤、下半分が黒の国旗が特徴の人物が存在するが、作品によってはウクライナと同一人物であったりする事も稀に見かける。

ベラルーシ

CH log


ロシアの妹(または弟)。女性で描かれる事が多い。国旗に似た模様のマフラーに赤と緑のセーター、赤と白のスカートを身に着けている(男性の場合は黒のキャップにジャンパー、ジーンズを身に着ける)。ロシア、ウクライナとは仲が良く、特にロシアに関してはヘタリアの影響でロシアに一方的な愛情を抱いている事がある。

カナダ

Countryhuman Canada


赤いチェック柄のシャツに毛皮製の帽子を常に被っている青年。優しく温和な性格である事がほとんどだが、一方で斧を持ち出したりと猟奇的な一面を持つ(恐らくアザラシ狩りの事)。メープルシロップの生産が多いことから、メープルシロップを好んでいることが多い。ウクライナとは恋人同士である事が多い。

オーストリア

永遠中立ズ


(中央:オーストリア)
医師である一方で、場合によっては音楽家貴族のような出で立ちをしている事も多々ある。また作品によっては眼鏡をかけている事もある。ドイツスイスハンガリーリヒテンシュタインとセットで描かれる事が多い。

ハンガリー

はんがりーくん


歴史的な背景から片目に眼帯、もしくは大きなを負っている事がしばしば。様々な事情から欧州連合を密かに敵視している。
現在はロシアと友好的な関係を築いているものの、冷戦中にソ連の影響下に入っていたのは事実で、かつて存在していた共産主義体制に対する深いトラウマは現在でも抱えている。
オーストリアポーランドとセットで描かれる事が多い。

バチカン市国

バチカンさん可愛いよはすはす()


一般的に教皇やカトリック系の聖職者が奉神礼・典礼・礼拝の際に使用する祭服を身につけており、頭にはミトラを被っている。世界で最も小さい国という事から、小柄な体型である事が多い。

フィンランド

Finland Countryhumans


北欧メンバーの中で最も身長が高い。サイズの大きいパーカーやジャケットを身に着けている。左腕には冬戦争の名残か包帯を巻いている。ロシアと同じくしょっちゅう酔っ払っており、いつでもどこでもウォッカを手放さない。孤独を好む性格で、怒ると「ペルケレ!」と叫ぶ。エストニアとは仲が良い。反対にロシアとは犬猿の仲。
解釈次第では超人的な体力を持つ者凄腕のスナイパーになったりする。

アジア

日本

CH


解釈次第で女子高生の姿であったり、成人男性の姿であったり、またのような姿であったりと、さまざまなバリエーションに富んだキャラクターの内の一人。年齢は2000歳以上ある。
女子高生として描写される日本はアニメ漫画といった文化の影響から、セーラー服に身を包んだ華やかな猫耳少女である一方、成人男性として描かれる日本は社畜である傾向が強い。PBと同様、やおいHENTAIアニメはしばしばジョークのネタにされる事もある。アジア諸国を除いて、枢軸繋がりでドイツイタリアとセットで描かれる事もある。女性の場合、明るく外向的な性格である事が多く、一方で男性の場合では真面目で内気な性格である事が多い。しかし仕事にはとても真面目に取り組み、熱中すると誰にも止められない。趣味はアニメと漫画、そしてお花見。食事はインスタント食品か弁当で済ます。天敵はロシア。
ちなみに怒ると刀を取り出して脅しかかる。

韓国

こんにちは


赤と青のパーカーに身を包んだ好青年K-POP韓流といった文化の影響から今時の流行を好む現代的な若者。また韓国が世界有数のプロゲーマー国家な事から本人自身もゲーマーである事が多い。ファンの間では「えすけー」という愛称で呼ばれる事も。作品によっては猫耳が生えている事がある。常にポジティブな性格で、過度に親切である事が多い。
大韓帝国を父に、北朝鮮を兄弟に持っている。

北朝鮮

countryhumans japan中心


(右端が北朝鮮)
やたらと核兵器が好き。日本や韓国とは仲が悪いのかしょっちゅう核を投げようとするが、大抵その前に中国や韓国に止められる。人によるがツンデレな性格として描かれていることが多い。韓国とは双子の兄弟。

中国

无题


北朝鮮の親分。チャイナ服を着ている事が多い。防塵マスクを身に着けている事も。非常に声がうるさく横柄な態度を取るが目上の者に対しては冷静に礼儀正しく対応する。日本とはライバル関係にあるが何かとくっついている。たまに糸目になったりする。

台湾

最后一张共国向?


多くの場合中国の子供として描かれるがよく喧嘩している。誰に対しても親切でフレンドリーに接する。フルーツが大好物。

フィリピン

フィリピン様!


登場回数は割と多めな男性(もしくは女性)。アメリカスペイン日本からモテモテ(女性の場合日本の性別は男になる)になる事も。右目が黄色のオッドアイ。無邪気でかなりの自信家だが、麻薬中毒や過去の出来事と現在の状態に対するトラウマも抱えている。
裏の性格は冷酷で、国旗は上下逆になっている。常に無表情で、服装も軍服(おそらくマルコス独裁がモチーフ)となっている。

WW1、WW2時のキャラクター

ナチスドイツ

Third Reich


第二次世界大戦期のドイツ。ナチス関連の表現が規制されているためかハーケンクロイツの部分は×印になっている。服装は親衛隊風の制服を着ている事が多い。
ホロコーストが原因からか民族を次々と迫害し、虐殺するというCountryhumansの中でも凶悪なキャラとして扱われる。紳士的で礼儀正しく振る舞うが、裏では非常に残忍で狡猾な性格で、他人を騙すのが得意な典型的なサイコパスキャラ。最後は大抵ソ連に追い詰められてトドメを刺されるかあるいは拳銃で自らの頭を撃ち抜き自殺する(自殺についてはヒトラーの自殺が元となっているとされる)。
Countryhumansでは最も登場回数が多いキャラの一つ。

ソ連

USSR


第二次世界大戦/冷戦期のロシア。ロシアのとして登場する事がある。右目には鎌と鎚が描かれた黒いアイパッチを着けている事もある。暴力的で目的の為ならばあらゆる犠牲も厭わない非情な性格。
Countryhumansでは最も登場回数が多いキャラの一つ。

大日本帝国

初投稿の日本帝国


第二次世界大戦期の日本。日本の先祖やとして描かれる事もある。日本が闇堕ちした時の姿でもある。画像のように常に軍服姿で、旭日旗で表現される(ただし旭日旗は厳密には国旗ではない)。
ほとんどの場合不気味な笑顔を浮かべながらを振り回し、殺戮を楽しむという非常に危険で残忍なキャラ(しかもドS)で、ナチスドイツと並ぶ凶悪なキャラとして扱われる。非常に攻撃的な性格で、着ている服はほとんどの場合血と泥にまみれている。ちなみに猫耳と尻尾は付いていない事が多い。また日本によく見られるやおいやHENTAIといったものには興味を示さない。趣味は軍用機と冷たい鉄を集めること。
最後はほとんどの場合アメリカから原爆による攻撃を受けて力尽きる。
日独伊三国同盟を結んでいたせいかナチスドイツを先輩と呼んでいる事がある。

イタリア王国

嘎


(右がイタリア王国)
第二次世界大戦期のイタリア。PBのようにアホの子で表現される事は少ない。ナチスドイツに深く心酔しているような描写もちらほら見受けられる。不器用で手には包帯を巻いている。イタリア社会共和国(もしくはファシストイタリア)というキャラも別に存在する。
ナチスドイツや大日本帝国のような凶悪な性格で描かれる事はあまり見かけない。

中華民国

都是国拟


第二次世界大戦期の中国台湾とは別人として扱われる。よく大日本帝国に切りかかられるという不憫な扱いを受けている。

ロシア帝国

Countryhumans Russian Empire


第一次世界大戦期のロシア。ソ連(時代的にはボリシェヴィキ)と敵対している。国旗は1858年の配色である事が多い。鷲の紋章をアイパッチにしているが、鷲の紋章は実際の国旗には描かれていない。自信過剰な性格で、身長は全キャラ中トップクラスの高さである。

ドイツ帝国

Countryhuman Reichtangle


第一次世界大戦期のドイツ。作品によってはライヒタングルで表現される(ただしライヒタングルはPBではドイツ帝国とは別のキャラクターである)。ピッケルハウベを被っている事が多い。かなりの苦労者で、本人も多くのストレスを抱えている。かなり好戦的な性格。ポーランドを見つけては襲い掛かる。

オーストリア=ハンガリー二重帝国

二重帝国さん


第一次世界大戦期のオーストリアとハンガリー。両目に眼帯をしているデザインが多く、その場合盲目として描かれることもしばしば。

関連記事

親記事

Countryhumans かんとりーひゅーまんず

兄弟記事

コメント