ピクシブ百科事典

円環の理の編集履歴

2021-04-20 14:16:29 バージョン

円環の理

えんかんのことわり

円環の理とは、アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』に登場する用語。

むかしむかし みらいのむこう
おんなのこたちは ほしからきたどうぶつととりひきしました
なんでもひとつねがいごとをかなえてもらうかわりに
まほうのちからをあたえられ おそろしいかいぶつたちとたたかうのです

あらゆるせかいのおんなのこが ねがいごとをかなえてもらい
かぞえきれないおんなのこが かいぶつたちとたたかい
やがてだれもがちからつきていきました

まほうをもったおんなのこたちには ひみつのうわさばなしがながれています
このよからきえてしまうそのときには まほうのかみさまがおこしになられて
すべてのまほうのおんなのこたちは すてきなおくにへみちびかれるのです
かなしみとにくしみのない すてきなおくにへみちびかれるのです

(『叛逆の物語』冒頭より)

まどかの祈り!円環の使者


概要

最初の発言者は巴マミ

エピローグの世界では、神格化した鹿目まどかによって、魔法少女は魔女化する寸前に救済され消滅するシステムが構築されている。
そのため、魔力を使い果たした美樹さやかは、ソウルジェムが濁りきった後、消滅した。

その際、マミは「逝ってしまったわ、円環の理に導かれて……」と語り、このシステムを「円環の理」と称した。
まどかに導かれて消滅した魔法少女は、この後どうなるのかは不明だったが、叛逆の物語にて人としての意識を保ったままであることが明らかとなった。
魔女となる魔法少女を円環の理に導く際にまどかと共に訪れ、その際には魔法少女としての力と魔女としての力の両方が扱えることが明らかとなった。

しかし、突然この新しい用語が語られたため、戸惑った視聴者も多いだろう。
また、最終回放映前に収録されたBD/DVD特典トークCDのキャスト座談会「魔法少女たちのお茶会」では、
悠木碧らは恐らく結末をボカす為という事情から「まどかが神格化する」ことを指して「コトワリになる」という言い換えで笑いを誘っていた。テレビ放送前の、ファンが面白おかしく取り上げる以前からキャスト間で既に半ばネタ扱いされていた語のようである。
2011年夏に開催された第80回コミックマーケットにて販売された、アニメ公式スタッフらの同人誌「ティロフィナーレ本」でも、巴マミのCVを務めた水橋かおりの寄稿ページ(P.67)は…

ティロ・フィナーレよろしく、円環の理もまた「マミさんが即興で創作したもの」というネタが当初広まっていたのだが、
オトナアニメvol.21の虚淵氏へのインタビューによると、「書き換えられた世界において、魔法少女たちに口伝されている伝承」という設定との事である。
これによって誤解は解けたものの、その後しばらくは円環の理は巴マミが作った言葉というイメージが一時期定着していた。
しかし、叛逆の物語が公開されると、ほむらもキュゥべえもさやかもなぎさもごく普通に円環の理と作中で何度も発言していたため、円環の理といえば巴マミというイメージも次第に廃れていった。

ちなみに表記揺れとして「円還の理」が存在する。
アニメ放映時点では漢字表記が不明だったが、コミックス版の表記から「円環の理」で確定した。

「円環の理」と書いて「マドカマギカ」なる読み方がされるのもたびたび見られる。

叛逆の物語では円環の理の紋章らしきものが登場している。
紋章の周囲には魔女の口づけが現れている。
紋章には「DAS EWIG WEIBLICHE(永遠にして女性的なるもの)」と魔女文字で書かれている。(ゲーテファウストより)

正式名称は「アルティメットまどか」だが、作中人物は本人を含め、誰も使用していない。
作中人物にとっては、「鹿目まどか」(まどか本人)、「まどか」(ほむら)、「円環の理」(それ以外の魔法少女)の名で呼ばれている。

関連イラスト

pixivではアルティメットまどか関連のイラストに付けられることが多い。

いつも一緒だよ
祝お誕生日☆鹿目まどかちゃん♪☆全てを救済する希望の白き輝き☆


まどかの円環の理
円環の理


まど神様
まどかの答え【ネタバレ注意!!】


円環の理
始まりと永遠の物語



関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ
わたしの、最高の友達 叛逆の物語
鹿目まどか / アルティメットまどか 美樹さやか 百江なぎさ

円環の物語 伊藤園環の理 円環の狸 円谷の理 円環るピングドラム