ピクシブ百科事典

松田優作の編集履歴

2012-03-14 08:23:49 バージョン

松田優作

まつだゆうさく

松田優作(1949~1989)とは日本の俳優・歌手。

概要

1970年代後半から1980年代におけて活躍した俳優の一人。
息子は同じく俳優の松田龍平松田翔太

TVドラマ太陽にほえろ!』のジーパンこと柴田純役で一躍有名となり、『探偵物語』『大都会』等、映画・ドラマ数々の作品に出演し名優の仲間入りを果たす。

その後、ハリウッド映画『ブラック・レイン』で悪役を演じ、以後のハリウッド進出を期待された矢先、癌で死去。40歳という早すぎる死だった。

その勇猛な人間性と卓越した演技力から、「1980年代を通じてもっとも重要な日本の映画俳優の1人」と言われている。

影響

その若さと重厚さとストイックさを併せ持ったハードボイルドなイメージは、今も尚多くの人物やキャラクター等に影響を与え続けている。

主な影響例

原哲夫
漫画北斗の拳』等で知られる漫画家。彼の描く主役格のキャラクターのほとんどは松田がベースになっている。(太い眉毛・厚い唇・筋の通った鼻…等)

青キジクザン
尾田栄一郎漫画ONEPIECE』の登場人物のひとり。顔立ちと一部の口調や仕草が松田から影響を受けている。

柳生十兵衛宗厳
PS2のアクションゲーム鬼武者2』の主人公。生前の松田の顔のCGイメージをモデルにしている。
また特典として、『探偵物語』の工藤俊作、『蘇る金狼』の朝倉哲也それぞれの隠し衣装が収録されている。

ネットでは

ブーッ!!


前述の『探偵物語』のOPでの松田演じる工藤俊作がコーヒーを盛大に噴き出している画像で有名。
外人4コマに近い用途で2ちゃんねるの4コマネタでしばしば引用されている。
故に、pixivにおいても「松田優作=盛大に噴いている」という意味合いで使われることがある。

関連タグ