ピクシブ百科事典

柴田純

しばたじゅん

人名・キャラクター名。
目次[非表示]
  1. テレビドラマ『太陽にほえろ!』の登場人物。
  2. テレビドラマ『ケイゾク』の登場人物。


柴田純(太陽にほえろ!)

ジーパン刑事


第53~111話に登場。七曲署捜査第一係刑事(階級不明)。188㎝の長身に長髪、ジーンズの上下という刑事としては風変わりなスタイルから、”ジーパン”というニックネームで呼ばれるようになる。

劇中では二人目の新任刑事であり、第52話のラストで死亡した早見刑事(マカロニ)の後任に当たる。ぶっきらぼうなところが目立つが正義感は強く、またナイーブな一面も持ち合わせる青年。空手の有段者でもあり、捜査においてもそれが大きな武器となっている。

父親は派出所勤務の巡査だったが、自らの信念に基づいて拳銃を所持していなかった事が原因で殉職している。その事が原因となって拳銃に対するコンプレックスを抱くようになり、一係に配属された当初も拳銃の携帯を頑なに拒んでいたが、後にある事件を担当した際、同僚であるシンコ(内田伸子)が負傷したのをきっかけに拳銃を所持するようになった。

そのシンコとは次第に恋仲となり、遂には婚約にまで至るが、その直後に自らが保護しようとした男が錯乱して放った銃弾を受け、状況も呑み込めぬまま息絶えてしまう。この時に彼の口から出た「なんじゃぁこりゃぁっ!」の叫びも含め、この殉職劇は視聴者に極めて強いインパクトを残す事となった。

演:松田優作

柴田純(ケイゾク)

ケイゾク


ドラマ『ケイゾク』の女主人公。階級は警部補。
警視庁捜査一課弐係に研修でやってきた東大卒のキャリア組。
天才的な頭脳と洞察力・論理性で次々事件を推理していく。

性格はおっとりしていてマイペース。常識外れ。
髪はぼさぼさ、ファッションセンスは皆無。
何日も同じ服を着ていたり風呂に入らなくても平気というものぐさ。
時間にルーズで方向音痴・・・
・・・という残念な才女である。

決め台詞は「あのー、犯人わかっちゃったんですけど

上記『太陽~』の柴田と同姓同名であるが、劇中での描写などから彼に対するオマージュである事が示唆されている。

世界観を共有するSPECにも名前のみ登場し警視庁公安部部長兼公安第5課課長に就任していることが示唆されている。

演:中谷美紀

シンガーソングライター柴田淳について

一部で混同が見られるが、柴田であり、漢字が違うので、注意されたい。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「柴田純」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91880

コメント