ピクシブ百科事典

夢をみる島

ゆめをみるしま

『ゼルダの伝説 夢をみる島』は1993年に任天堂から発売されたゲームボーイ用ゲームソフト。 1998年にリメイク版として、ゲームボーイカラー用ソフト『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』が発売された。
目次[非表示]

概要

ゼルダの伝説シリーズ」4作目。同シリーズとしては初の携帯ゲーム機タイトル。
ストーリー上は『神々のトライフォース』、『ふしぎの木の実』の続編にあたる。(ゼルダの伝説大全より)


「ゼルダの伝説シリーズ」としては外伝的なストーリーであり、地下に潜ればPックンフラワーが登場したりダンジョンで星のKビィが現れるなど任天堂の他のゲームタイトルからのゲストキャラクターやパロディをふんだんに取り込んでいる。
「ゲームボーイのタイトルとして最高のものを作る」という目標を掲げ製作された本作は、ハードウェアでの表現力を補うべく「ゼルダの伝説シリーズ」としては珍しくストーリーに力が入れられている。コミカルで賑やかな世界観と切ないストーリーに根強いファンがいる。
一癖も二癖もある個性的な登場人物が数多く登場する、というその後の『ゼルダの伝説』シリーズの雰囲気に大きな影響を与えている。
やたら明るい人形劇のようなCMとは裏腹に、単純な勧善懲悪ではなく、主人公の行いが「善」なのか「悪」なのかプレイヤーに問いかけるような結末をむかえる.そのため幼少期に本作をプレイした人の中にはトラウマに近い衝撃を受けた人もいるらしい。


プロローグ


魔王ガノンからハイラルの平和を取り戻したリンク(※)は、新たな災いにそなえて修行の旅に出た。異国での修行を終え、ハイラルに向かう航海の途中、リンクの乗る船は嵐に見舞われる。雷に打たれ、彼は意識を失ってしまう。


「あっ!気がついたのね。よかった!」

OP風(修正版)


リンクは少女の声で目を覚ます。彼女の名前はマリン。マリンによると、ここは高くそびえる山の頂上に巨大なタマゴを抱く不思議な島、コホリント島。リンクはその海岸に流れ着いたのだ。
リンクは落としてしまった剣を探して、自分が漂着したという海岸に向かう。そこで出会った1羽のフクロウがリンクの姿を見て謎めいた言葉を告げた。


「『かぜのさかな』の目覚めを告げる使者が現れた。」


フクロウによれば、『かぜのさかな』を起こさぬ限り、リンクはこの島から出られないと言う。
果たして『かぜのさかな』とは何なのか。リンクは無事にコホリント島を脱出し故郷ハイラルに帰ることが出来るのか。島に隠された謎をめぐって壮大な冒険が始まる。

(※)…正確には取り扱い説明書のストーリーでは「あなた」表記。

夢をみる島と夢をみる島DXの違い

夢をみる島(以下、無印)と夢をみる島DX(以下、DX)には違いがあり、無印ではバグによってハートの器が無限に入手できてしまう他にバグったエリアに行けてしまう等の不具合があった。
その為、カラー化かつバグを修正してゲームボーイカラー以降の機種でのみ出現する追加要素があるDXがリリースされた。
無印にはバグがある為か、ソフト書き換えサービスのニンテンドーパワーではDXがラインナップに入り、以後のバーチャルコンソールでもDXのみが配信となっている。
その為現在無印版をプレイするには中古で入手かつゲームボーイアドバンスまでの機種を用意する必要がある。

隠し武器


爆弾の矢

弓矢と爆弾をAボタンかBボタンにそれぞれ割り振って装備すると、ABボタン同時押しで矢の先に爆弾を装着した爆弾の矢が発射される。矢と爆弾を両方消費するが、通常の矢よりは攻撃力が上がるのでテクニックとしては有効。

ブーメラン

ある場所で装備品と交換でブーメランが入手できる。スコップの活躍が終わった頃にスコップと引き換えにする人が多かった。


関連イラスト

使者の葛藤
夢をみる島


例の中ボス



あれこれ

オリジナル版DX3DSVC
機種 ゲームボーイゲームボーイカラーニンテンドー3DS
ジャンル アクションアドベンチャー同左同左
発売日 1993年6月6日(日)1998年12月12日(土)2011年6月8日(水)
価格 3,800円+税3,500円+税600ポイント
販売元 任天堂同左同左
CERO B(12歳以上対象)


関連タグ

ゼルダの伝説 神々のトライフォース かぜのさかな どろぼー
とたけけ - 今でこそどうぶつの森の白い犬のキャラクターであるが、夢をみる島では「猿」である。ちなみに今作で名前を「とたけけ」にすると・・・?





ネタバレ

ユメがさめたら アワになる
マモノもみんな アワになる
だからマモノは じゃまをする
めざめのししゃの じゃまをする




コホリント島は地図に載っていない。決して載ることはない。コホリントに住む人々、コホリントに巣食う魔物、そしてコホリントという島そのもの。それらは全て『かぜのさかな』が見ている夢から生まれた世界なのである。そして、『かぜのさかな』が目覚めるとき、それは島が泡となって消えてなくなるときなのである。

だから世界を守るため、魔物たちは必死になって目覚めの使者リンクの邪魔をするのである。


な、なぜだ!キサマがこなければ なにも、かわらぬものを・・・
これがさいごだ! こぞう! きえるのは、キサマだけでよい!

きえてしまう・・・こわれてしまう
われらのしまが われらのせかいが
・・わ・れ・ら・の・し・ま・・・
・・・・わ・・・れ・・・ら・・・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

すべてなくなる




その設定からか、同じ任天堂のゲームで主人公が見た夢を舞台にした作品である『スーパーマリオUSA』のマムーが出てきたり、主人公の心の世界である『MOTHERシリーズ』のマジカントやかつて存在したコンテンツのポケモンが見た夢を扱ったポケモンドリームワールドと比較的似ていたりする(しかも前者は完全クリアの為に8つの物を集める点まで共通している)。

pixivに投稿された作品 pixivで「夢をみる島」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 528346

コメント