ピクシブ百科事典

概要

富山城主の佐々成政には早百合という妾がおり、とても寵愛されていたが、他の奥女中たちに嫉妬され他の男と密通していると噂された。

これを真に受けた成政は激怒し、早百合だけではなく一族もろとも処刑してしまった。
するとその怨念から毎晩のよう怪火が現れるようになりぶらり火または早百合火と呼ばれた。

後に佐々氏が豊臣秀吉に敗れたのは、この怪火の祟りだと恐れられた。

関連タグ

妖怪 怨霊 火の玉 鬼火
ふらり火

関連記事

親記事

ふらり火 ふらりび

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ぶらり火」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2

コメント