ピクシブ百科事典

アリス・ウォーカー

ありすうぉーかー

アリス・ウォーカーとはラストピリオドの登場人物である。(画像左)

曖昧さ回避

1.アフリカ系アメリカ人の作家
2.ラストピリオドの登場人物

本項では2について解説する。

概要

アリス・エンドロールが鍵の力で生み出した『すっごく人みたいな、でも間違いなく人じゃない』存在の一人。人間の醜さを知らないまま少し成長したアリス自身がイメージのベースとなっている。

アリス・エンドロールから生み出された存在であるが、実質的にウォーカーの方が姉のような存在になっており、寝る前に絵本を読んであげるのがウォーカーの日課。なお、『アリス・イン・ワンダールーム』の時点で生後1ヶ月の0歳児。

普段は無一文で家出してきたエンドロールのために村のお菓子屋さんで看板娘として働いている。(つまり、自分の作り出した空想に逃げ込んだエンドロールと対照的に現実で周囲の人間と溶け込んだ形になる。)

エンドロール自身をイメージした存在であるためか、エンドロールによって消去されてしまった後でも自力で復活できた。

ユニットではないがエンドロールをパーティに入れるとその姿が確認出来る。ただし戦闘には一切参加しない。エンドロールをアナザーカラーにすると何故かハートの女王のようなカラーリングになる。

pixivに投稿された作品 pixivで「アリス・ウォーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 157

コメント