ピクシブ百科事典

エレメントハンター<セカンドクライシス>

えれめんとはんたーせかんどくらいしす

あれから20数年・・再びエレメントハンターが地球を救う!
目次[非表示]

概要

ストーリー

元素消失が止まったものの、ポジ元素が沈静化していくにつれ頻繁に発生する地震が復興の足を鈍くしていた。(慢性的な津波被害が原因)
新政府が建設したメガフロートに移住できなかった住民は依然不安と隣り合わせの生活を強いられていた。

大統領に選出されたアリー・コナリーは突如火星移住計画を強行すると発表、それは同時にネガアースからの元素回収を放棄する内容であった。かつての同僚であるロドニー・フォード上院議員はこれに反発するものの、アリーの手腕の前に劣勢に立たされていた。暴走する火星移住計画の裏には・・・

そのころ、まほろばタウンの定食屋の次男、シン・カラスの学級へ転校生が転入してきた。
セシル・コナリーと名乗る美少女はシンの耳元で囁く・・『狩りが始まったわ・・』

2期熱望!!



登場人物


シン・カラス

エレメントハンター<セカンドクライシス>


まほろばタウンの定食屋『Dan』の次男。8歳年上のジオには頭が上がらない。
祖父が宇宙飛行士だったことを知り、いつか自分もと夢見ている。
セシルに疑念を抱きながらエレメントハンターとなる。

セシル・コナリー

エレメントハンター2期<アンケート>


コナリーの姓を名乗るが詳細は語らない謎の美少女。
研究所に身を寄せているが、所長のトムも彼女のことはわからないらしい。

ライト・フォード
フォード家の長男。研究所のトムとは古い付き合いで隠れオタク。
シンとはクラスメートだが快く思っていない。
クールなキャラをつくっている反面、妹のイサミを溺愛している。

イサミ・フォード
ライトの妹。明るく活発な性格のムードメーカー。
兄の趣味は認めているが、隠す行為が許せずにいる。

アリー・コナリー

アリー・コナリー(36)


若きリーダー。エレメントハンターとして殉職したと長く知らされていたが、20代半ばで政界に復帰。ポータルの量産や軌道エレベータの建設に尽力を傾け、先日最年少大統領に就任。
36歳になるが、20台前半の若さを保っており、エジプト出身もあり『クレオパトラ』と呼ばれる。私設EHチームを編成しており、自身も疑似次元フィルターローブを駆使してネガアースへと赴く。

ジオ・カラス
シンの8歳年上の兄。定食屋『Dan』でフライパンを振るう。シンの出生の秘密を知る数少ない理解者。

クロノ・バレンタイン

クロノ・バレンタイン<EH2nd>


コロニーチームのEHであった人物。地球に逃れてからは非合法組織を作り、QEX化の研究を続けていた。アンドロイド狩りをする危険人物として指名手配されていたが、コナリー大統領からプロジェクトマーズへの参加協力の依頼があり一時休戦中。

ユノ(2代目)

ユノ’<EH2>


まほろば復興研究所で助手を務めるアンドロイド。初代のユノが機能停止したためにバックアップとして起動したが、直後に事態が収束したために放置されていた。基本ベースは初代と変更はないが、感情的なものは理解していない。また、カー博士の記憶はインプットされておらず、代わりに16歳時のホミ・ナンディの記憶が組み込まれている。

登場組織

新統合政府
震災の続く地表から離れたコロニー、メガフロート、軌道エレベータから多くの議員を輩出しており、復興議員との対立が激しい。復興には数百年単位の時間が必要として研究は進んでいたが、アリー・コナリー大統領が就任直後に研究は凍結、火星移住計画が強行採決された。

エレメントハンター
疑似ポータルが開発されたことから、民間でのポジ元素回収が可能になった。数多くのEHがネガアースへ赴いている現状であるが、レアアースを巡ってEH同士の利権争いが問題となっている。(純粋なEHは12歳以下と変わらないため、指揮者の問題であると考えられる)

まほろば研究所
まほろばタウン(旧東京)に設置された復興研究所。設立から就任しているトム・ベンソン所長が開発した数々の装置で成果を上げているが、秘匿性の高い実験が多くアンドロイドにて運用されており、規模のわりに人間が少ない。

pixivに投稿された作品 pixivで「エレメントハンター<セカンドクライシス>」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4618

コメント