ピクシブ百科事典

エンシェントデューパー

えんしぇんとでゅーぱー

エンシェントデューパーとは東方projectのキャラクターである因幡てゐのスペルカードである。

概要 

符名はなく「エンシェントデューパー」そのままで正式名称である。名前の意味は「Ancient duper(古代の詐欺師)」。出雲神話である「因幡の素兎」が由来であり、これについてはグリマリ魔理沙「太古の時代、サメを騙して海を渡った時のイメージらしい」と述べている。
 東方永夜抄でのスペルプラクティスモード専用のラストワードとして登場。尚、永夜抄におけるてゐのスペカはこのエンシェントデューパーのみであり、スペカ発動時の立ち絵もこれでしか見ることができない。
 内容としては、てゐの両サイドから画面を分断するように二本のレーザーが放たれると共に、てゐを中心とした全方位型の青弾と、てゐを囲むように円弧を描きながら展開される赤弾が同時に放たれる。
 てゐから離れたところに位置取ってしまうと、赤弾に行動を大きく制限され、青弾に被弾しやすくなるため、てゐ近くの真下らへんに陣取る必要がある。しかし、青弾の弾速も早いため、避けるタイミングを誤ると即被弾となってしまう。だが、逆に言えば青弾を避けるタイミングが把握できていれば安定してクリアできるため、高難易度のスペカ揃いであるラストワードの中では簡単な部類に入るとされている。
 尚、この攻略法に関しても同じくグリマリにて魔理沙は「この弾幕はてゐに思いっきり近づく以外にかわす手段はない。つまり嘘を問いただす姿勢で行かないと負けるのだ。」と触れている。

関連タグ

東方 東方project スペルカード
永夜抄 東方永夜抄
因幡てゐ 幸運の素兎 地上の兎
永遠亭 てゐんげ

pixivに投稿された作品 pixivで「エンシェントデューパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30969

コメント