ピクシブ百科事典

トミーカイラ・ZZ

とみーかいらずぃーずぃー

京都府の自動車メーカーであるトミーカイラから販売された自動車。生産は日本ではなく、イギリスで行っている。
目次[非表示]

歴史


初代

トミーカイラ・ZZは1995年に発表され、1997年に販売開始。
アルミモノコックにFRPをかぶせただけのボディでできており、重量はたったの710kgである。当初のボディデザインは由良拓也が担当したが、2代目以降には関与していないという。 エンジンは、当時のプリメーラ等に搭載されたSR20DEエンジンをベースに、燃料噴射装置を電子制御燃料噴射方式からKEIHINのキャブレターに換装したものが搭載され、エンジンは185PS、パワーウエイトレシオは3.8kg/PS。このパワーウェイトレシオはヨーロッパのスーパーカー並みである。
アルミのシャシーに、ツインチューブ・モノコックという少し前のフォーミュラカーそのものの構造をしているので車重が軽く、足回りを硬くしなくてもコーナリング性能はシャープ。

2代目
ASL・RS-01

EV

012年10月に、京都大学発のベンチャー企業「グリーンロードモータース」が電気自動車化したトミーカイラ・ZZが日本国内認証を取得した。グリーンロードモータースは今後車体とデザインを一新し、2013年春に発表する予定。

pixivに投稿された作品 pixivで「トミーカイラ・ZZ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33

コメント