ピクシブ百科事典

パンプファイアストック

あくまのすとっく

「パンプファイアストック」とは銃のカスタムパーツの一種。

概要

パンプファイアストックとは、民間用のセミオートの銃器で疑似的にフルオートが可能になるカスタムパーツである。

まずバンプファイアとは、銃の反動を利用してフルオートに近い速度での連射を行うテクニックのこと。
(右利きの場合)右手はグリップを握らず、人差し指をトリガーにかけた状態で固定し、左手はハンドガードを前方へ押すように保持する。この状態でトリガーを引くと、まず反動で銃が後退するが、左手の力によって即座に前方へ押し戻され、右手人差し指にトリガーが押し当てられ、すかさず2発目が発射される。

このテクニックをより簡単に実行するために作られたのがバンプファイアストックである。ストックとグリップが一体になっており、銃本体は大きく前後動できるように緩く保持される。このパーツを取り付け、ハンドガードを前に押して保持すれば、あとは普通にグリップを握ってトリガーを引くだけで銃が前後動してバンプファイアが可能になる。
なおバネなどにより前進する力を与えてしまうと「フルオート機能を持つ銃」となってしまうので、前身させる力は人間が与えなければならない。

ストックがガタガタなので命中精度は低く、法的問題のない公的機関では全く採用されていないが、民間では合法的に安く(ものによるが20ドル程度)フルオートが体験できるパーツとして人気を博していた。

2018年12月までは

歴史

アメリカでは1986年以降、民間向けにフルオート銃器は出回らなくなっていた。一応1986年以前に販売された銃器は相応の税金を払えば所有できたものの、プレミアがついて価格が跳ね上がっており、一般には手が出しづらいものであった。

その代替として2002年に現れたのが「Akins Accelerator」である。これはハンドガードまでが一体となっており、銃をスプリングの力で前進させることで連射を可能にしていた。
しかしながら2006年にATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)が規制を強化し、Akins Acceleratorはフルオート銃器であるとして規制の対象になってしまう。

そこで生まれたのがスプリングを持たないバンプファイアストックであった。これはATFの規制とはならず、一部州以外では無規制にフルオート機能を獲得する手段として出回った。

しかしながら2017年にラスベガスで起きた銃乱射事件で現場からバンプファイアストックが発見されたことにより悪評が広まり、NRAが「半自動小銃を自動小銃のように機能させられる装置は追加規制の対象にすべきだ。」としてATFに働きかける。
2018年12月に司法省が「パンプファイアストックを装着したライフルはマシンガンとみなす」ということが決定した。
上述のフルオート規制の例外は1986年以前のものに限られるため、歴史の浅いバンプファイアストックは全て規制の対象となり、全ての所有者は廃棄かATFへ引き渡さなければならない。
一部の余興などでこのストックを使用していたマニアからは批判が殺到し、複数の団体が差し止めを求めて訴訟を起こしており、現在も継続中である。

関連記事

親記事

じゅう

兄弟記事

コメント