ピクシブ百科事典

亜獣譚

あじゅうたん

「亜獣譚」は、江野スミによる日本の漫画。2016年12月より「裏サンデー」(小学館)および「MangaONE」にて連載中。
目次[非表示]

概要

2017年「第3回次にくるマンガ大賞Webマンガ部門」にノミネートされ、12位入賞。また、「WEBマンガ総選挙」にもノミネートされる。同年8月、「MangaONE」での「水着総選挙2017」にてホシ・ソウが6位にランクイン。


ストーリー

害獣病が蔓延する架空世界を舞台にした、害獣駆除兵たちの性にまつわる物語を描いたダークファンタジー。「裏サンデー」・「MangaONE」ではハードアクションと紹介されているが、作者自身はそう考えていない。

登場人物

害獣駆除兵関係

アキミア・ツキヒコ

害獣駆除兵分隊副長。27歳。ヴィエドゴニャ。本作の主人公。
アキミアがマッチョな体で眼鏡をかけている理由は、作者が「全身鍛えたマッチョが唯一鍛えられなかった視力」が好きなためである。眼鏡の度の描写にもこだわって描かれている。
22話から右耳に付けている紐は、駆除兵士内で、付けている方の耳が聞こえにくいことを表す紐である。
自称7月13日生まれ。士官学校に入るまで学校に行ったことがなかった。前髪の白い部分は染めている。

ホシ・ソウ

衛生兵。チルの姉。22歳。本作のヒロイン。

ホシ・チル

ノピン士官学校害獣駆除科の一年生、害獣駆除兵二等兵。ソウの弟。17歳、作中で18歳になる。ヴィエドゴニャ。

ジンギル・エンリ

チルの友人。チルの半年後、士官学校に入学する。害獣駆除兵二等兵。18歳。

ゾネ・タイヨウ

害獣駆除兵分隊長。53歳。
10月1日生まれ。頭髪がないのは、捕虜のときに敵に薬を盛られ、その症状を治療した副作用の影響。

クワタ

大佐。

ハラセ

獣駆除兵分隊副長。士官学校の指導教官も兼任。害獣病に感染しているが薬で害獣化を止めている。35歳。

ニクモリ

ソウの取り調べを行った人物。

ニンダ・イルバンクス

エンリの同級生。害獣を研究する生物学者になりたいと思っている。叔母が害獣を研究する生物学者であり、ヴィエドゴニャであった。

トゴシ

大佐。

ピザまん

猫。

関連イラスト

ドストライクキャラクター。
あじゅ〜
亜獣譚
ムギチャちゃん
アキミアと猫
アキミアと猫



関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「亜獣譚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 968

コメント